画像

写真拡大 (全2枚)

 電通は、テレビ番組やCMの放送内容をリアルタイムで認識し、抽出したオンエアデータを即時に外部事業者に提供するソリューション「TV Live Meta Module(β版)」を開発した。これにより、テレビ番組やCMにタイムリーに連動したコンテンツ配信が可能になる。

 電通は、テレビ番組やCMの放送内容をリアルタイムで認識し、抽出したオンエアデータを即時に外部事業者に提供するソリューション「TV Live Meta Module(β版)」(テレビ・ライブ・メタ・モジュール・ベータ版)を開発した。これにより、テレビ番組やCMとタイムリーに連動したコンテンツを視聴者のスマートフォンやタブレットなど、いわゆる"セカンドスクリーン"にすばやく届けることができる。

 昨今、テレビ番組を視聴しながらスマートフォンを利用するといった視聴者が増加している。あわせて、番組やCMに関連した検索の増加や番組・CM起点のEコマースの広がりも起きていることから同社は開発に至った。

 同ソリューションでは、テレビ番組の内容を字幕情報から取得して特定キーワードを抽出したり、地上波テレビで流れるCM画像から広告主や商材を特定したりする運用を高速で自動化、それらの情報を外部サービスとつなげる仕組みを構築した。

 加えて、同ソリューションの外部事業者への提供は、APIで行い、以下の3つのモジュールを提供する。

シンクロCMモジュール:テレビCMと連動し、CMの放送と同時に視聴者のセカンドスクリーンに同一広告主のバナー広告、動画、クーポン、Eコマースのサイトリンクなどを表示する仕組み。
テレビライブワードモジュール:テレビ番組内で取り上げられた場所、人物、モノなどのキーワードを自動認識してリアルタイム表示する仕組み。
テレビライブワード連動広告モジュール:特定のキーワードに反応する広告をあらかじめ制作しておき、テレビ番組内でそのキーワードが取り上げられると自動的に広告が出稿される仕組み。

※ライブワードモジュールは字幕放送のある番組のみが対象

 同社では、ポータル/SNSのプラットフォーム事業者や広告配信事業者など、テレビ番組やCMに連動、関連したサービスを提供している事業者を提供先として想定している。そして今後、同ソリューションを活用した番組連動の広告ビジネスや各種リアルタイムサービスの開発、およびその事業性の検証を推進していく。

MarkeZine編集部[著]