道路が雪で覆われたとき、自律走行車はどう走るのか

写真拡大

道路が雪に覆われると、標識や道路標示が見えなくなってしまう。この問題に、自律走行車はどのように対処するのだろうか。フォードの手法を紹介。

「道路が雪で覆われたとき、自律走行車はどう走るのか」の写真・リンク付きの記事はこちら

現在開発されている自律走行車は、さまざまなセンサーを使って周囲の世界を読み取っている。ほかの自動車や歩行者、障害物などを見つける仕事は、もっぱらレーダーとLIDAR(ライダー;光を用いたリモートセンシング技術)が行い、標識や道路標示は普通、カメラで読み取る。そのため、冬になると問題が生じる。標識や道路標示は、雪に覆われると見えないからだ。

雪で覆われている道路を走行するとき、人間は通常、縁石やほかのクルマなどの目に見える目印に基づいて、最も妥当と思われる推測をする。フォードは、これと似たことをするよう、自律走行車に教えているのだという。

フォードは、自律走行車が走行する道路の詳細な地図を開発している。この地図には、縁石の正確な位置、車線、木々、標識のほか、制限速度を始めとする規則など、詳細な情報が含まれている。クルマは、周囲のことを理解していればいるほど、人間や他の車両といった一時的な障害物のリアルタイムな検知に、センサーと計算能力を集中させることができる。

そして、この地図を使うことで、クルマはいかなる時も、1cmの精度で現在地を割り出すことができる。例えば、クルマから車線は見えないが、近くの一時停止の標識は見えて、その標識が地図にあるとしよう。その場合はLIDARスキャナーが、標識からの正確な距離をクルマに教える。そうすれば、車線からどれくらい離れているのかはすぐにわかる。

フォードの自律走行開発の責任者を務めるジム・マクブライドは、「われわれの自律走行車は、雪の中でも完璧に走行することができる」と語る。「地表面で見えるものをすべて、われわれの地図と突き合わせる。その地図には、全車線の位置や、道路の全規則に関する情報が入っている」と説明する。

フォードは2015年12月に、実際の降雪の中で、この機能をテストしたという。場所は、自動走行車の試験のためにミシガン州に建設された人工の街「Mシティ」だ。

関連記事:人間が運転を交代しなければ「13回衝突していた」:グーグルの自律走行車

TAG

Autonomous CarSnowWIRED US