「熱はないけどのどが痛い!」「のどが乾燥してイガイガする!」などの症状があったら、コンビニやドラッグストアなどで思わず「のど飴」を買ってしまいますね。何気なく買っているのど飴ですが、実はのど飴にも種類があり、薬効のあるものとないものがあるのです! どんな種類があるのかを見てみましょう。

辛いのどの痛みや咳に効くのは「医薬品」ののど飴

のど飴にはなんと「医薬品」「医薬部外品」「食品」の3種類があります。「医薬品」は、のど風邪の症状を予防・改善する可能性がある有効成分を含有。製造には国の承認が必要で、薬局やドラッグストアなど許可を受けた場所でしか販売されません。「第1類医薬品」「第2類医薬品」「第3類医薬品」と段階があり、第1類は効き目も副作用が強く、第2類、第3類と次第に弱くなっています。みなさんがよくご存じののど飴では、「浅田飴」は第2類、「南天のど飴」は第3類に分類されます。咳にも効果があると認められているのは「医薬品」だけです。

殺菌・消毒レベルなら「医薬部外品」ののど飴

「医薬部外品」は「医薬品」に比べると効き目も副作用も少なくなります。製造には国の承認が必要ですが、販売許可は必要ないので、スーパー、コンビニ、インターネットなどでも買えます。「浅田飴ガードドロップ」「ルルのど飴」「ヴィックス」などが医薬部外品です。のどを殺菌・消毒する効果があり、のどの痛みや腫れには十分対応できる成分が含まれています。

とりあえず潤いが欲しいなら「食品」ののど飴

「食品」であるのど飴は、のどを潤す効果や気分転換などには使えますが、のどの痛みや腫れ、咳などの症状の改善は期待できません。ドラッグストアやスーパー、コンビニなど幅広い場所で扱われているので、風邪症状を改善したい人は成分や表示をしっかり見て「医薬品」「医薬部外品」「食品」のどれが適切かを考えて選ぶようにしましょう。


writer:松尾真佐代