「このスプーンみたいなフォークみたいなヤツ」東海地方民なら誰もが知るアレ、他県の人にはわからないらしい!?

写真拡大


日本にはさまざまなご当地モノがありますよね。全国的に有名なものも多い一方で、まだまだ地元の人以外には馴染みがないものも。

たとえば「このスプーンみたいなフォークみたいなヤツ」と聞けば、東海地方の人なら大半がピンと来るはずのアレ。そう、東海地方民のソウルフードを食べる際の必需品ですが、他県の人は画像を見てもわからない様子。

先日、Twitterに投稿された一枚の画像には9000件近くのリツイートがされ、反響を呼んでいます。

【波紋を呼ぶ一枚の画像】

現在、Twitterで話題になっているのは、丸いスプーンからフォークの先端が出ているようなものの画像。一緒に

え!?!?!これみんな何食べるためのものか知らないの!?!? 他県民さんわからないの嘘でしょ!?!?!?

とのツイートがされていますが、さて皆さんはこれが何かわかりますか?

【答えはラーメンフォーク!】

これ、東海地方を中心に展開するラーメンチェーン「寿がきや」で使われているラーメンフォーク。普通、ラーメン屋さんでラーメンを頼むと箸が出てくるかと思いますが、寿がきやではこの独特なラーメンフォークがデフォルトで提供されるんです。でも、やはり東海地方以外の人にはまったく見当もつかないものなんでしょうか……?

【住んでいる地域でことなるリアクション】

画像に対するほかの人たちのリアクションを見てみると、東海地方以外の人たちは「これが何か見当もつかない」「キモい形してる」といった声が多く、何をするものかすらわからないみたい。

これに対し、寿がきやを知っている人たちは「名古屋人にはわかる」「岐阜県民は常識」といったように当然のごとく知っている様子。中には、「旧タイプのほうが愛着ある」なんて人も。

そう、このラーメンフォークも途中でマイナーチェンジしているので、新タイプではなく旧タイプのほうが記憶に残っている人も多いかもしれませんね。

【実はMOMAでも販売されている!】

実はこのラーメンフォーク、その機能美が認められ、あのニューヨーク近代美術館「MOMA」でも販売されているのだとか! このお話については以前Pouchでも記事にしていますので、興味がある方はこちらをご参照ください!

【このラーメンフォークで食べてこそ】

寿がきやのラーメンはこのラーメンフォークで食べてこそだと思っている私(記者)。そんなにこのフォークが食べやすいのかと聞かれたら、正直そこまでじゃないんですけど……でも、寿がきやのラーメンはこれじゃないと雰囲気が出ないんですよ! 皆さんも東海地方に行く機会があれば、ぜひお店に入って試してみてくださいね。

参照元:スガキコシステムズ株式会社、Twitter
撮影・執筆=鷺ノ宮やよい (c) Pouch

この記事をPouch[ポーチ]で読む