スーツケースにスーツやドレスを詰めて旅をしなければならないときに、しわや折り目がつかない、あるいは少なくとも最小にする簡単な方法をご紹介します。


通常サイズのスーツケース向け


服の半分をスーツケースの底に敷き、残り半分は外に出したままにしておきます。

手持ちの服をすべて重ねて入れ、スーツまたはドレスの上半分をその上に折り重ねます。

袖部分やパンツにはさらに重ねることが可能です。たたんだとき、内側に詰め物が入っていたほうが折り目がつきにくいのです。


小さなかばん向け


一方の肩部分を裏返し、そこに反対側の肩を押し込みます。その際、上身頃の縫い目と襟の位置が1列になっていることを確認してください。

それから、スーツを半分にたたんでください。

次にズボンでスーツを包むように折ったら、あとはかばんに入れるだけです。

良い旅になりますように。



Jesus Diaz(原文/訳:コニャック)
Photo by Shutterstock.