HC-WXF990M

写真拡大

パナソニックは、デジタル4Kビデオカメラ「HC-WXF990M」「HC-WX990M」「HC-VX980M」3機種を2016年1月21日に発売する。

撮影後の手ブレ補正、好みの映像に編集「あとから補正」新搭載

いずれも小型・軽量ボディに64GB内蔵メモリーを備え、手軽に4K撮影を楽しめる。撮影後の映像の手ブレ補正や、走り回る子供など動く被写体をとらえ続ける「あとから追っかけ」など、好みの映像に編集してフルHD記録できる「あとから補正」機能を新搭載。

4K写真を切り出せる「4K PHOTO」は、自動切り出し機能を備えるなど使い勝手を向上。映画のような映像を撮影できる「24p記録」も対応する。最大3台のスマートフォンや内蔵サブカメラと接続し、子画面に表示する「ワイヤレスワイプ撮り」も進化した。

最上位モデル「WXF990M」は、約60度まで起こせる約155万画素「ビューファインダー」を搭載。「スロー&クイック」や「スローズーム」など様々な映像効果を楽しめる「シネマライク機能」などを備える。

カラーは、「WXF990M」「WX990M」がブラック、「VX980M」がブラウン、ホワイトの2色。

価格はいずれもオープン。通販サイトでは、「WXF990M」が約13万7000円、「WX990M」が約11万7000円、「VX980M」が約9万7000円で予約を受け付けている。