高校生モデルの「XD-Y4800」の「ホワイト」と「ブラック」

写真拡大

カシオ計算機は、2016年7月に発売20周年を迎える電子辞書「EX-word(エクスワード)」シリーズの新製品として、英語学習の進捗状況をグラフで確認できる「XD-Y4800」(高校生モデル)など14 機種を2016 年1月22日から順次発売する。

スマートフォンやタブレットとの連携サービスも

いずれも、英語学習で大切な「ボキャブラリー」「リスニング」「スピーキング」の進捗状況を確認できる「English Training Gym(イングリッシュトレーニングジム)」を新搭載。項目ごとにコンテンツを一覧表示し、各コンテンツの進捗をグラフで可視化。ペースを確認しながら効率的な学習が可能だという。

ホーム画面に複数辞書検索が可能な「検索ウィンドウ」を備え、調べたい単語をすぐに検索できる。押しやすい新設計の「バーティカルストローク機構」キーボードを搭載する。

電子辞書にQRコードを表示させ、専用アプリ「クラブエクスワード」をインストールしたスマートフォンやタブレット端末で読み取れば、移動中などでも調べた単語の履歴や学習の進捗状況を確認できるほか、「ベリタス・アカデミー」坂木俊信氏による900種類の英単語の意味・用法を解説した授業動画の視聴が可能だ。

ラインアップは、中高生向け「学生モデル」2機種、日常生活やビジネス向け「生活・ビジネスモデル」2機種、英・独・仏・中・伊・西・韓・露・葡など各専門辞書収録「外国語モデル」9機種、理化学辞典収録「専門モデル」1機種。