メーカーを超えたコラボが3DSに登場

写真拡大

コーエーテクモゲームスは、ニンテンドー3DS用アクションゲーム「ゼルダ無双 ハイラルオールスターズ」を2016年1月21日に発売する。

コッコ飼いの少女「リンクル」が新登場

任天堂「ゼルダの伝説」シリーズを「無双」にアレンジ。既発のWii U版をほぼ全て収録し、さらにパワーアップ。プレイヤーは「リンク」「ゼルダ」などのキャラクターに加え新登場の少女「リンクル」を操り、「ハイラル高原」「デスマウンテン」などシリーズおなじみのステージで、アイテムを駆使した一騎当千の爽快バトルを楽しめる。

「時のオカリナ」「トワイライトプリンセス」「スカイウォードソード」3作が融合したオリジナルストーリーのほか、新たなハイラルの危機を描く「風のタクト」編、コッコ飼いの少女がハイラル城を目指す「リンクル」編を楽しめる。

価格はパッケージ版が5800円、ダウンロード版が5143円。そのほか「コンパス型ペンダントウォッチ」、「公式設定資料集」が同梱の「プレミアムBOX」が9800円。加えて「特製オカリナ演奏セット」、「妖精"ふわふわ"ぬいぐるみ」が同梱の「TREASURE BOX」が直販サイト「GAMECITY」および「Amazon.co.jp」限定、1万3800円で発売される(価格は全て税別)。