ギズモード・ジャパンより転載:「トゥイィィィィィーン! パァァァ!」って自分で言わなくても大丈夫。

物質転送装置はスタートレックの中の重要なデバイスの1つ。本物の物質転送技術はまだ実現していませんが、転送装置風のコースターをThinkGeekが届けてくれました。ドリンクの入ったグラスを上に置くとLEDライトがつき例の「キュゥゥゥゥゥッ! ホヘホヘホヘ...」という音を鳴らしてくれます。ちょっと上手くカタカナでは書けませんが。


音はグラスを持ち上げたときも鳴るので飲むたびに「ポィィィィン! シャァァァァァ」と鳴るわけですね。内臓されたバッテリーで動くこのコースター、4枚で1セット30ドル(約3500円)とのこと。物質転送はしてくれませんが、飲むとグラスが空になるのを上手く使ったクレバーなアイテムです。


ギズモード・ジャパンの注目記事:
・「ポイント」界に新たな選択肢。ドコモユーザー以外も必見&オトクな「dポイント」に注目
・タントカスタムの中に電車を走らせてみた。何を言っているのかといいますと
・構想3年、第4世代。Z5の「Xperia™のベスト版」ディスプレイは日常で活きる


source: ThinkGeek

Andrew Liszewski - Gizmodo Toyland[原文]
(塚本 紺)