関ジャニの大倉忠義さん YouTubeより

写真拡大

 1月17日、ドームツアーの最後を飾る『関ジャニ∞の元気が出るLIVE!!』は異例の幕開けとなった。オープニングの舞台に表われた関ジャニはなぜか全員が私服姿、しかも7人衆のはずがどう数えても6人しかいない...。

「大倉が腸閉塞で出られません...!」、メンバーを代表して村上信五さんが緊急事情を切り出すと満員御礼の大阪・京セラドームがどよめきで揺れた。

 大倉忠義さん(30)が腹痛を訴えたのは前日の16日。予定されていた夜のラジオ番組には何とか出演したものの、京セラドーム公演当日の朝を迎えても激痛が治まらず病院に駆け込んだところ「腸閉塞」と診断され、無念の休演を余儀なくされた。

「(来場の)皆さん、6人でいいですかぁ〜!?」、大倉さん不在の6人体制での開幕を問われると約4万5千人の観衆は声援と喝采で応え、衣装替えのために袖へと消えるメンバーを見送った。同日夜の公式HPで「体調管理の至らなさ」を自ら謝罪し、「最後までかけぬけたかった。みんなで、笑っていたかった。」と悔やむ想いを綴った大倉さん。早い回復を祈りたい。

腸閉塞は放置すれば死にいたることも

 いきなり刺すような<疝痛(せんつう)>に急襲される腸閉塞は、放置しておけば死に至る可能性もありうる大変怖い病気だ。腸が詰まり(=閉塞し)、道が塞がれることによって排便・排ガスの行く手が阻まれて結果、腸内が膨れるに伴ない腸管が壊死...あるいは穴が開いてしまうために激痛が襲いかかる。腹痛と便秘の両方が認められる場合は要注意だ。

 腸閉塞は大別すれば「機能性」と「機械性」の2種類から起こる。前者は過去の開腹手術の際に(医師が触れた)腸管部位が傷つき、そこが他の腸管と癒着状態で治癒した場合に腸閉塞へと繋がるケース。

 一方の「機械性」はさらに閉塞性と絞扼性(こうやく)に分かれ、前者は腸内への異物混入(回虫や胆石など)や、潰瘍・クローン病などが原因で腸管内が炎症したり傷ついて閉塞を起こすもの。後者の<絞扼>とは締め付けられるという意味だが、この症状は風邪などで腸管内の血行が悪くなって起きるもので唐突に症状が悪化するのも特徴的だ。

 腸閉塞の種類は多岐に及ぶが、いずれも「詰まる」ことで突然の腹痛に襲われる点は一緒。「便秘」を恥じて周囲に訴えるのを抑えたり、病院へ行くのを躊躇ったりしないほうが賢明だ。そんな体裁を取り繕っている余裕もないほどの腹痛と便秘...それ以外にも頻脈や発熱、尿量が減少したり脱水症状が現われたら即病院に駆け込もう。

開腹する場所がなくなる手術のリスク

 腸閉塞と診断されたら「絶飲食」が大前提となり、余程の重度でない限りは「イレウス管」と呼ばれる吸引チューブが鼻から入れられる。これは詰まった食べ物や小腸内に溜まった腸液を吸引し、腫れを治めるのが目的。約2週間の経過観察中は絶飲食を余儀なくされ、この期間は点滴生活となる。腸内が開通し便やおならが出れば卒業で、手術も不要だ。

 一方、腸管への血流が途絶える程の緊急度が高い場合は開腹手術となるが、こちらは「機能性腸閉塞」になるリスクも高まる。加えて何度か繰り返し手術を施すと「開腹をする場所」がなくなるため、基本的に手術は避けるという判断が一般的だ。再発リスクを軽減する目的のイレウス管治療に対し、再発しやすい術後は「暴飲暴食」も厳禁となる。

 腸閉塞で開腹手術を行なえば入院期間の目安は約2週間。イリウス管での経過観察を含めればおおよそ1カ月間の静養が問われる。人気アイドルという立場にとって損失は決して少なくないはず。今回の大倉さんの"ライブ欠場"は関ジャニ史上初の黒星を刻んだが、過ぎたことよりも静養に徹して復帰の笑顔を見せてくれるのがファンの願い。
(文=編集部)