仙台を代表するグルメである牛タンを使った「牛タンラーメン」

写真拡大

高速道路のサービスエリア(SA)・パーキングエリア(PA)では、地場産食材を使ったものや、食材の意外な組み合わせを楽しめるものなど、さまざまに工夫を凝らしたグルメを味わえる。以前に紹介した関東・信越編に引き続き、ここでは、北海道と東北のSAPAラーメンをご紹介。

【写真を見る】パルメザンチーズがインパクト大の「雪山 気仙味噌ラーメン」

東北自動車道・国見SA上り線のスナックコーナーで販売されている「牛タンラーメン」(1000円)は、その名の通り、仙台の代表的なグルメである牛タンを使ったもの。食欲をそそられる焼き立ての香り、歯ごたえがあり、ジューシーなおいしさが魅力の牛タンが、ラーメンにトッピングされている。スープはにんにくの効いた旨辛味噌。多加水平打ち麺によく絡み、相性が抜群だ。

八戸自動車道・折爪SA上下線のスナックコーナーでは、地元で醸造された人気の味噌を使った「雪山 気仙味噌ラーメン」が食べられる。岩手県陸前高田市の八木澤商店で作られた赤みそ、白みそを使用。佐助豚の挽肉を青森県産にんにくで味付けした肉味噌を盛り付け、その上には、パルメザンチーズをこれでもかとトッピング。味だけでなく、見た目のインパクトも抜群だ。

道央自動車道・砂川SAのスナックコーナーで食べられる「海鮮塩ラーメン」(950円)は、同地の豊富な海の幸が会するラーメン。北海道産のホタテと増毛産の甘海老を中心に、カニやイカまで入ったぜいたくな一杯だ。体があったまる豪華なラーメンで、満足度はMAXに。

ほかにも、三陸のめかぶとワカメがふんだんに入ったヘルシーな「三陸めかぶラーメン」(650円、東北自動車道・前沢SA上り線)や、大更ホルモンを使用し、チゲスープ・唐辛子・ラー油と3種の香辛料で仕上げた「大更ホルモン使用 ホルモン南蛮ラーメン」(900円、東北自動車道・岩手山SA上り線)など、SAPAにはバラエティー豊かなラーメンが存在。北海道や東北ドライブの折には、ぜひ試してみてほしい。【東京ウォーカー】