積雪予想マップ(17日18時〜18日6時)

写真拡大 (全2枚)

 ウェザーニューズは18日、同日朝に関東などで観測した雪に関する情報を発表。6時には都心6cmの積雪を記録し、交通機関の乱れにより出勤・通学に向かう人々に大きな混乱が生じたほか、路面の凍結による転倒事故や停電なども起こったという。

 同社は、18日夜から19日朝にかけては、発達した低気圧が北日本に移ることで東北太平洋側の山沿いで60〜90cmの降雪になると予想。また19日は、九州北部、山陽、四国瀬戸内側でも雪が降り、20日未明から明け方には、愛知県名古屋市から京阪神の一部で積雪の可能性があるとしている。

 なお、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」の「最新雪情報」内では、全国の情報を配信。エリアごとに雪の影響が分かる「大雪ピンポイント天気」がバージョンアップしている。