サウジアラビア戦・予想スタメン/手倉森監督は全選手の起用を示唆。これまで出場機会のなかった井手口、三竿、松原の3人がスタメンに名を連ねるはずだ。

写真拡大 (全3枚)

 1月16日のタイ戦に勝利し、すでにグループリーグ1位通過を決めた日本にとって、第3戦のサウジアラビア戦は選手たちのコンディション調整、そしてシステム変更などを試す良い機会となりそうだ。
 
 手倉森監督は「決勝トーナメントに進んだ時に、みんなが万全になっていられる状況でありたい」と語っており、まず優先的に起用されそうなのが、ここまで出場機会のなかった井手口、三竿、松原の3人と言える。
 
 特に右膝の負傷から復帰した右SBの松原は、「マツケン(松原)には実は3戦目に照準を合わせてほしいと大会前に話していた」と指揮官が明かし、満を持しての登場となりそうだ。
 
 また、三竿はボランチ、CBどちらでもこなせるため、両ポジションでのテストが考えられる。スタートはCBに入れ、時間の経過とともにボランチへ上げる。指揮官はそんな起用法を用意しているのかもしれない。
 
 加えて、ここまで2試合にフル出場している岩波、遠藤、室屋、櫛引は休ませるはずで、タイ戦に出場しなかった中島、大島、南野らは先発復帰するだろう。
 
 すると、GKには櫛引に代わり杉本が入り、最終ラインは左から山中、植田、三竿、松原。ボランチは井手口と大島のコンビで、2列目に中島と南野、2トップはオナイウと浅野という組み合わせが予想される。
 
 手倉森監督はタイ戦翌日の取材で「北朝鮮戦とタイ戦の前はやることが明確だった。なので前の日はぐっすり眠れたが、タイに勝った後、色んなことを試したいなと思ったら、2時間で目が覚めてしまった。システムのことや、これから対戦する相手へのスカウティングがあるなかで、情報戦のひとつとして、違う形で戦ってみせるというのは手かなと思う」と語る。
 
 タイ戦では後半途中から「3ボランチも考えた」(手倉森監督)とも話しており、ここ2戦で採用してきた4-4-2とは別の形を見せるのかもしれない。すると、その新システムが果たして決勝トーナメントで活用できるのかといったチェックポイントも生まれてくる。
 
 また、決勝トーナメント初戦(準々決勝)では、グループAの中東3か国(イラン、カタール、シリア)のいずれかと対戦することになり、同じ中東のサウジアラビアは良いスパーリングパートナーとなるはず。
 
 決勝トーナメントを見据えた良き実験の場として有効活用できるか。サウジアラビア戦は、ただの消化試合にならないことを祈りたい。
 
取材・文:本田健介(サッカーダイジェスト編集部)