一日2食がアンチエイジングにいいって本当?

写真拡大

 一昔前に流行った「プチ断食」。朝食や夕食を抜くなどして、半日ほど食べないダイエット・デトックス法として人気になりました。

 ところが、このように一日2食にする方法を続けると、実はアンチエイジングにも良いことが分かっているのです。

 普段、一日3食食べ続けるというのは、ちょっと多いといわれています。そこで、少し消化吸収活動に余裕を持たせる空腹時間が必要に。食べない時間を作ることで、消化吸収活動に費やされているエネルギーを、健康をキープするために使うことができるというわけです。

 なんだかいつも体調が悪い、疲れがとれないという人は、食べ過ぎによる消化吸収活動がいつもフル回転しているからかもしれません。

 もちろん、食べないことのダイエット効果もありますが、代謝・排泄がアップするので便通が良くなるなどの効果も。デトックス効果で肌が蘇るともいわれています。

 お正月休みは連日連夜食べ続けてしまったと後悔している人も多いはず。そんな人はこの1月の間に、すっきりとリセットしておきましょう。