「ポンピドゥー・センター傑作展」開催 - 20世紀フランス美術作品のタイムラインを眺める

写真拡大

展覧会「ポンピドゥー・センター傑作展―ピカソ、マティス、デュシャンからクリストまで―」が、2016年6月11日(土)から9月22日(木・祝)まで東京都美術館で開催される。

[ この記事の画像をもっと見る ]

ポンピドゥー・センターとは、1977年に美術や音楽、ダンス、映画など様々な芸術の拠点としてパリの中心部に開館した施設。その中核には、ヨーロッパ最大規模の近現代美術のコレクションを誇る国立近代美術館が存在する。

今回の傑作展では、1906年から1977年までの期間から、1年ごとに1作家の1作品が選ばれ展示される。いずれも、フランスに関係のある作家もしくはフランスで制作された作品だ。シャガール、ピカソ、カンディンスキー、マティスなどの巨匠を始め、カルティエ=ブレッソン、デュシャン、クリストといった現代美術を語る上で欠かすことの出来ない作家も登場。

多岐にわたるコレクションを誇るポンピドゥー・センターの傑作を通してフランス20世紀美術を感じられる機会となっている。是非足を運んでみてはいかがだろうか。

【開催概要】
ポンピドゥー・センター傑作展―ピカソ、マティス、デュシャンからクリストまで―
会期:2016年6月11日(土)〜9月22日(木・祝)
会場:東京都美術館
住所:東京都台東区上野公園8-36