「最大約500kgの荷物」を運搬できるイスラエルの大型ドローン(動画あり)

写真拡大

イスラエルの企業Urban Aeronautics社は、垂直離着陸(VTOL)が可能な無人機「AirMule」のテストを実施した。最大高度約5.5km、時速177km以上を謳う、本格的な性能だ。

「「最大約500kgの荷物」を運搬できるイスラエルの大型ドローン(動画あり)」の写真・リンク付きの記事はこちら
2-image11-1024x576

2/4

3-image1-1-1024x576

3/4

4-image2-1024x576

4/4

アマゾンドローンを使った配達「Prime Air(日本語版記事)」を研究開発しているところだが、そのドローンが運べる荷物の重さは最大でも5ポンド(約2.3kg)だ。もし同社のジェフ・ペゾス最高経営責任者(CEO)がこの重量制限を乗り越えたいと考えているなら、イスラエルのUrban Aeronautics社に電話をし、同社が提供するハンビー(高機動多目的装輪車)サイズのドローンをチェックしてみるといいかもしれない。

Urban Aeronautics社は、「込み入った都会環境や自然環境」を対象とした垂直離着陸(VTOL)機を専門としている。同社はこのほど、無人機「AirMule」のテストを実施した。最大で重量約499kgの荷物を運び、約48kmの距離を飛行できる。また、非常に機能的でもあるようだ。

AirMuleは2015年12月30日(現地時間)、イスラエル北部のメギド空港で初の無人飛行を行い、約40mの高さに上昇した。今回のフライトは2.5分間と、確かに地味な飛行だが、それに惑わされてはいけない。AirMuleは、最大高度約5.5km、時速は177km以上を謳っており、実に本格的なVTOL機なのだ。

多くの未来志向の輸送機と同じように、AirMuleの外観は巨大な昆虫のようだ。垂直離着陸によってヘリコプターの性能を提供するものの、Urban Aeronautics社の特許取得済み技術「Fancraft(改造型ダクト内ファンシステム)」により、従来のローター以上に、多数の利点がもたらされている。エンジン音は静かで(従来のヘリコプターの半分程度)、内蔵ローターによりドップラー信号の影響を受けにくくなっている。機体はレーダーを回避するつくりになっており、ヘリコプターと比較して発熱も低い。

Urban Aeronautics社のラフィ・ヨエリ社長兼CEOは次のように述べている。「タービンエンジンは発熱量が高いものです。しかし、排気システム周辺にある大量の冷気を利用することで、将来はほぼ大気温度にまで排出ガスを冷やすことが可能になり、IRシグネチャーをほぼゼロにまで低減できるでしょう」

タイトなパッケージングとコンパクトな推進システムにより、AirMuleは横転することなく横方向に進むことができる。例えばビルの谷間など、狭い空間を航行しやすい。またUrban Aeronautics社によると、AirMuleは最高で時速約93kmの風があっても操縦できるという。全米森林火災協議会(NWCG)によるヘリコプター操縦ガイド(PDF)においては、高度約152m以下では、時速約74kmを越える風力の中を飛行しないよう勧告されていることを考えると、これは非常に優れた性能だ。

AirMuleのデモ飛行は、今年も継続される予定だ。アマゾンの「Prime Air開発センター」が設立された3カ国のひとつがイスラエルだということを考慮すると、アマゾンは、より大型の商品の発送を開始するための技術権利を持っているのかもしれない。

AirMuleは民間および軍事目的の両方に使用できるが、同機を製作したUrban Aeronautics社傘下のTactical Robotics社は、「おもに無人操作による軍事と国土防衛の市場」で使用するための航空機を専門としている。Urban Aeronautics社取締役会メンバーの半数は、少将や中佐を含む、現役および退役のイスラエル空軍将校で構成されていることも知っておくべきだろう。

AirMuleは、「日常のオペレーションにおける緊急応答システムに対し、必要とされる機能」を提供できる。また、「正確なポイントツーポイントの後方支援を実現することにより、戦闘員が必要な優位性を回復する」のを支援できるという。

精密な制御と大規模積載能力といった性能に、レーダーや赤外線スキャナーに捕捉されにくい性能を組み合わせることで、非常にステルス性の高い運搬能力を実現できる。AirMuleが厳重な警備管理体制下に置かれているのはそのためだ。

AirMuleの最大積載量は約499kgなので、ミサイル技術管理レジーム(MTCR)によって管理されている。MTCRは、大量破壊兵器や、それを輸送可能な車両を危険な人物が入手できないようにするための国際的な体制で、34カ国が参加している。

MTCRの下では、ミサイルの製造と運搬に関連する輸出品目は、ふたつのカテゴリーのいずれかに分類される。AirMuleはカテゴリーIIに分類された。これは、輸出品目として国境を越える自由が与えられることを意味する。これはUrban Aeronautics社の今後のマーケティング計画にとって、非常に望ましいニュースだ。

「当社の飛行機は最初から、米国連邦航空局(FAA)による有人ヘリコプターのための安全基準に準拠するようにつくられています。これにより確実に、将来は一般市民がこの飛行機を購入し、合法的かつ安全にこれらを飛行できることになります」と、ヨエリ社長は説明している。

ヨエリ社長によると、Urban Aeronautics社では、AirMuleのデザインを利用して「小型の垂直離着陸機(VTOL)個人用飛行機を製作すると決めた場合に」、人間が操縦するドローンをつくる技術を有しているという。

空飛ぶ自動車に興味があるのなら、Urban Aeronautics社傘下の民生用飛行機専門の子会社Metro Skyways社の製品を見てみよう。同社では、「おもに航空救急やメデバック(救急ヘリ)のほか、有人エアタクシーの市場」における機種に注力している。

一般人の立場からすると、有人のホヴァークラフト・タクシーといえば、『宇宙家族ジェットソン』が見せてくれた未来のように思えるが、いっぽうで、映画『フィフス・エレメント』が描いたダークな世界も現実味を帯びてきたようだ。

TAG

DroneIsraelVideoWIRED US