太宰府のもなか店の店長を務める「もなか」

写真拡大

 福岡県の太宰府参道の銘菓といえば、梅ヶ枝餅が有名だが…。「ちょっと待ちんしゃい。うちの店の『スコティッシュもなかちゃん』ば忘れとらんね?」

 可憐な垂れ耳とまん丸の瞳で“待った”をかけたのは、鬼瓦もなかで有名な「天山」の店長を務めるその名も、もなか。

「ネコの形のサクサクもなかと餡が別々に入っとうけん、いつでもできたてのおいしさ! 社長の自信作やけん!!」

 彼女の飼い主でもある社長、実をいうと以前はそれほど猫好きというわけではなかった。

「だいたい、もなかっていう名前だって『もなか屋やけん、それでよかろうもん』っていう適当な理由やしね(笑い)」

 しかし、もなかと暮らすようになった社長は一転、超がつく愛猫家に変身。

「わたしばキャラクターにした商品を売り出すって言いだしたときは、みんなたまがったばい。でも、もっとたまがったとは注文が殺到して、鬼瓦もなかの製造に支障をきたすようになったと!」

 太宰府店には連日お客さんが詰めかけ、ついに社長はもなかに別店舗への異動を命じる。

「こっちの店は自宅の隣やけん、ちょうどよかったと。専用の部屋ば作ってくれたけん、のんびりお客さんの相手ができるとよ」

 もなかちゃんシリーズにはケーキやプリンもあり、愛猫家なら一度は食べてみたいものだ。

【プロフィール】
名前:もなか ♀
年齢:7歳
種類:猫(スコティッシュフォールド)
勤務先:有限会社ビクトレージ
職種:接客。 商品のキャラクターモデル。
主な仕事内容: 人気商品『スコティッシュもなかちゃん』のキャラクターモデルとして、お客さまに喜んでいただくこと。
お給料: ドイツ製の無添加キャットフード+健康に良い猫用サプリメント。
好きなこと: 社長からお尻をポンポン叩いてもらうこと。
嫌いなこと:抱っこ。
キャットフード以外の食べもの。
現在の悩み:そろそろ店長を引退して後輩にバトンタッチするべきか、もう少し頑張るべきか…。
将来の夢:スコティッシュフォールドの故郷、イギリスのスコットランドに行ってみたかぁ〜!

撮影■山口規子

※女性セブン2016年1月28日号