ユナイテッドの負傷欠場組、一般席でファンと共に現地観戦 キャリック「今の自分にできるベスト」

写真拡大

▽マンチェスター・ユナイテッドは17日、プレミアリーグ第22節のリバプール戦に臨み、敵地で1-0の勝利を収めた。この試合の会場となったリバプールの本拠地アンフィールドの観客席には、本来ならば“ピッチ上にいなければならない”人物の姿があったようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。

▽この一戦を負傷欠場したユナイテッドのMFマイケル・キャリック、DFフィル・ジョーンズ、DFマルコス・ロホの3選手は、個々で現地観戦。3選手それぞれは、熱狂的なユナイテッドサポーターが多く詰め掛けた一般の観客席でチームメートたちの戦いぶりを見守ったという。

▽ファンに紛れてチームメートに声援を送ったキャリックは、自身のツイッターで、「みんな、頑張れ! ! ! 本当はプレーしたいけど、ここで応援することが今の自分にできるベストなことだ」とツイート。また、フィル・ジョーンズとロホも、それぞれの所有するSNSを使い、プライベートでアンフィールドに足を運んでいたことを明かしている。

▽“チーム一丸?”となり、敵地でのリバプール戦を辛くも白星で飾ったユナイテッドは23日に行われる次節、本拠地オールド・トラフォードで、日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンと対戦する。