写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Sansanは1月18日、第三者割当増資を実施し、総額20億円を調達したと発表した。

引受先は、シリコンバレーの大手ベンチャーキャピタルの米DCMと米Salesforce.com、ニッセイ・キャピタルの3社。いずれも既存株主で2014年5月以来の増資となり、2007年6月の創業より、調達総額は42億円に達した。

また、今回の調達に合わせて今後の展開についても発表した。これによると、営業拠点を東京と1月4日に開設した大阪の2拠点から5拠点へ拡大。5月末までに名古屋と札幌、福岡に設置する。それぞれの地域で、テレビCMの放映とカンファレンスを開催するなど、地域に密着した営業活動を行うとしている。

これに加えて、海外への展開も進める。2015年10月に設立したシンガポール現地法人を拠点に、2016年から本格的にアジア圏のマーケティングを進めていくという。法人向けサービスのSansanだけでなく、個人向けの「Eight」も、より積極的に展開を図っていく。