写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Gmailには、キーボードを使って各種操作を実行できるショートカットキーが用意されている。その種類は多彩で、ほとんどの操作をキーボードだけで行うこともできるので、「メールを処理する時間を少しでも短縮したい」という人は、ぜひショートカットキーの使い方を覚えておくとよいだろう。今回は、ショートカットキーを紹介する。

○常に有効なショートカットキー

まずは、設定を変更せずに使える、使い勝手のよいショートカットキーを紹介しておこう。Gmailは上下左右の「矢印」キーと「Enter」キーを使って、メールを自由に閲覧することが可能となっている。具体的な例を示しながら説明していこう。

ブラウザでGmailの画面を開いたら「←」キーを押す。すると、「受信トレイ」の背景が薄いグレーで表示されるようになる。これは「受信トレイ」にカーソルがある状態となる。

この状態で「↓」キーまたは「↑」キーを押すと、カーソルが上下に移動し、好きなトレイ(ラベル)を選択することが可能となる。その後「Enter」キーを押すと、選択中のトレイ(ラベル)に分類されているメールを一覧表示できる。

このように、キーボードだけを使って好きなトレイ(ラベル)を開くことも可能だ。また、この操作を行った直後は、カーソルが「メールの一覧」へ移動する仕組みになっている。

この状態で「↓」キーまたは「↑」キーを押してカーソルを上下に移動し、「Enter」キーを押すと、そのメールを開くことができる。

つまり、上下左右の「矢印」キーと「Enter」キーだけで好きなメールを閲覧できるわけだ。メールの閲覧を終えた後は、「←」キーを押して元のトレイ(ラベル)にカーソルを戻し、再び「Enter」キーを押してメールの一覧に戻ることも可能だ。

表示されたメールが、返信メールをまとめたスレッドであった場合は、「N」キーまたは「P」キーを押すと、前後のメールへカーソルを移動することができる。もちろん、この場合も「Enter」キーを押して、そのメールを開くことが可能である。

そのほか、メールの作成中に使用できるショートカットキーも用意されている。あまり使用頻度は高くないが、念のため覚えておくとよいだろう。

○設定変更が必要なショートカットキー

先ほど紹介したショートカットキーのほかにも、Gmailには数多くのショートカットキーが用意されている。ただし、これらを使用するには設定変更が必要となる。より多くの操作をショートカットキーで行いたい場合は、以下の手順で設定を変更しておくとよい。

まずは「設定」ボタンをクリックし、「設定」を選択する。

「全般」の項目が選択された状態で設定画面が開くので、画面を下へスクロールし、「キーボード ショートカット ON」を選択する。その後、最下部まで画面をスクロールし、「変更を保存」ボタンをクリックする。

これですべてのショートカットキーが有効になる。以下に、代表的なショートカットキーを紹介しておくので、よく使用する操作のショートカットキーを覚えておくと重宝するだろう。

新規メールの作成
トレイの移動
メールの選択(チェックボックスのON/OFF)
スター、既読/未読などの操作
メールの閲覧中に行える操作
汎用的な操作
なお、これらのほかにも、Gmailには膨大な数のショートカットキーが用意されている。気になる方はGmailのヘルプも参照してみるとよいだろう。

ショートカットキーの紹介ページ

(相澤裕介)