「フランキンセンス」という精油をご存じですか。日本では「乳香」とよばれ、古くから、におい袋にしのばせたり、お香などにも使われたりしています。アロマでは主に、乾燥した肌や老化した肌への効能がすぐれ、せきやのどの痛み、気管支のつらい症状にも効果があります。古くはエジプトで祈りの儀式に焚かれ、神聖なその香りはリラックスを促し、平常心へと導いてくれます。冬本番、「フランキンセンス」は、大人女子におススメのアロマです。


キリストが選んだフランキンセンス。ミイラの防腐剤としても使われ、儀式のときに炊かれた神聖な精油。

フランキンセンスはカンラン科の樹木で、別名オリバナム。アロマでは、この木からとれる樹脂を水蒸気蒸留したものを使います。和名は乳香。フランキンセンスという呼び名は、中世フランス語で「真の香」を意味します。
フランキンセンスには、とても古い歴史があります。旧約聖書によると、キリストが誕生したとき、東方の賢者が3人やってきて、それぞれ貢ぎ物を持ってきました。ミルラと黄金、そしてフランキンセンスの3種類です。
ミルラはフランキンセンス同様、カンラン科の植物からとれる樹脂で、和名は没薬。ミイラの防腐剤としても使われました。「偉大な医師の証」で、清らかな肉体の象徴です。
黄金は、「偉大な商人の証」で、神への愛を象徴します。
そして、フランキンセンスは「偉大な預言者の証」で、神への礼拝を意味します。
この3つの貢ぎ物のうち、キリストが選んだのはフランキンセンスだったと言われています。
古代エジプト時代より、祈りや祝福の儀式のときに炊かれたり、スキンケアの材料としても使われていました。日本ではあまりなじみのないタイプの香りですが、中東などでは何千年も前から使われている、神聖な香りの精油です。

フランキンセンスの樹脂。

フランキンセンスの樹脂。


乾燥肌・老化肌に抜群の効果。大人女子の “アンチエイジング” に !!

フランキンセンスの木は中東など、とても乾燥した荒野に生えていて、地元の人たちは古くから、肌の乾燥を防ぐために用いてきました。木の幹が傷つけられると、そこを修復しようと樹脂が出てきます。この、修復という性質を受けて、フランキンセンスは肌の細胞を再生し、活性化してくれるのです。
そんなフランキンセンスは、しわが目立つ老化した肌や、乾燥した肌などに効果を発揮します。お風呂あがりに、全身の水分が乾ききる前に、フランキンセンス配合のオイルでケアしましょう。また、水仕事のあとはオイルを手に塗ったり、髪がぱさつくときは毛先に軽くもみこんで、乾燥を防ぎましょう。
【オイルのレシピ】
•キャリアオイル…10ml
(ホホバ油やグレープシード油など)
•フランキンセンス…4滴
(このうち2滴をネロリやゼラニウムにしてもOK)
アロマ上級者は、グリセリンやはちみつを配合したみつろうクリームにフランキンセンスを加えて、乾燥から肌を守りましょう。


つらい “せき” など、呼吸器系のトラブルには、香りを深く吸い込んで。

風邪をひくと、のどが痛くなり、せきが止まらなくなることがあります。さらに、気管支など胸部の粘膜が腫れて、ぜん息のような症状が出ることも…。そんなとき、フランキンセンスは粘膜を沈静し、胸部の緊張を解いてくれます。
せきが止まらなくなったり、せきが出そうなときは、すぐにフランキンセンスの香りをかぎましょう。応急処置としては、精油のボトルからそのまま香りをかいだり、ハンカチに1、2滴たらしてすばやくかいだりします。そして深呼吸。肺の奥までフランキンセンスの成分が届くように、ゆっくりと呼吸します。
夜、寝るときは、香りを拡散するディフューザーで芳香浴するのも効果的です(タイマーで2〜3時間で止まるようにしましょう)。ディフューザーがないときは、マグカップにお湯をはり、そこにフランキンセンスを2〜3滴落とします。マスクに1滴たらし、マスクをつけて寝るのもいいでしょう。
また、吸入する方法もあります。洗面器にお湯をはってフランキンセンスを2〜3滴たらし、洗面器に顔を近づけて、頭からすっぽりバスタオルをかぶります。目は閉じて、湯気を吸うように、深くゆっくりと呼吸します(湯気にむせないように気をつけてください)。お風呂に1〜2滴たらして温まるのもいいでしょう。
つらいせき以外にも、気管支が痰でゼロゼロするときや、のどが痛いときにも効果的です。
フランキンセンスには呼吸をゆっくりさせる働きがあるので、古くから、瞑想や儀式に使われていました。この効能が、つらいせきを楽にするのです。


落ち着いた香りで “瞑想”。心の不安を取り除き、深い思考へといざなう。

フランキンセンスのキーワードといえば、ずばり「瞑想」です。古代エジプト時代から、神とつながるための宗教的な儀式で使われていました。そんな神聖な精油は、心の不安や強迫観念を追い払ってくれます。また、仕事や家事など忙しくて心に余裕がないときは、平常心を取り戻してくれます。
呼吸をゆっくりにさせるので、平和な気持ちになるリラックス効果がある一方で、心を慰め、気持ちを高揚させる面もあります。鎮静と高揚。心を鎮静させながら、ゆっくりと強壮するというバランスのとれた効能で、自分を取り戻したいときに使いたい精油です。
フランキンセンスの香りは、ウッディーであり、スパイシーであり、ほのかに柑橘系を感じます。神聖な儀式を思わせるようなその香りは、紀元前からずっと使われていたとは驚きです。お正月があっという間に過ぎ、気がつけば慌ただしい日々を過ごしている大人女子も多いのでは。心も肌もカサカサしているときは、ぜひフランキンセンスを使って、自分を取り戻してください。

ディフューザーを使う。

ディフューザーを使う。