<第4回ALBA プロアマトーナメント 最終日◇17日◇レイクウッドゴルフクラブ 西コース(男子プロ6,755ヤード、シニアプロ6,696ヤード、女子プロ6,065ヤード・パー72)>
 神奈川県にあるレイクウッドゴルフクラブ・西コースを舞台に開催されている弊社主催の「ALBAプロアマトーナメント」。強い雨が降る中、男子、女子、シニアの豪華メンバーのプロが栄冠を目指す。
【関連リンク】タケ小山が参加プロをいじりまくり!ALBAプロアマの模様を生放送中
 会場は雪は降っていないものの、強い雨に加え強風のためスタート時間が遅れ、9時20分からスタート。また、当初の予定ではショットガンスタートの予定だったがアウトインからのティオフとなっている。
 現在トップに立っているのは9アンダーの山下和宏。「ティショットには不安があったが、セカンドとパットが入ってくれた」と9バーディを奪う猛チャージでポールポジションに躍り出た。
 続く7アンダーの単独2位はベテラン・深堀圭一郎。「リラックスしてできた。バーディパットが入ってくれた」と好位置で最終日へ。難コンディションでのラウンドが予想されるが2打差なら射程圏内か。
 6アンダーの3位タイグループには5人。昨年室田淳と優勝を分け合った佐藤靖子をはじめ、丸山大輔、野上貴夫、田中秀道、白佳和が虎視眈々と逆転を狙っている。
 その他、昨年女子ツアーで優勝を飾った前田陽子、西山ゆかりは共に1オーバーの29位。2連覇中の室田は精細を欠き7アンダーの40位発進(最下位)となっている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>