伊勢丹新宿店限定の、長崎新地中華街のちゃんぽん店・蘇州林の「極上ちゃんぽん」(各日50点限定・1793円)

写真拡大

伊勢丹新宿店は1月20日(水)から24日(日)まで、「九州展 〜九州の美味しいもの・伝統×モダンの工芸〜」を開催する。

【写真を見る】“ちょい食べ横丁”で味わえる大分の郷土料理「ぶりのりゅうきゅう」(864円)

例年夏に開催していた九州物産展が、初めて冬に登場。冬のあったかグルメとして“鍋”にフューチャーし、宮崎の鶏鍋や大分のすっぽん鍋など、九州を代表する鍋がそろう。素材のうま味がしみ出した各県自慢の鍋が、イートインや持ち帰りで楽しめる。

ほかにも、長崎新地中華街のちゃんぽん店・蘇州林の「極上ちゃんぽん」(各日50点限定・1793円)や、刺身を甘辛いタレに漬けて食べる大分の郷土料理「ぶりのりゅうきゅう」(864円)などを展開。

また、今までWEB限定だった“ムラコレ市場”のリアルマルシェも登場。野菜やグロッサリーなど冬の素材がそろい、鍋のアレンジにもぴったり。

さらに今回は、イートインコーナーに“ちょい食べ横丁”も。九州7県のイチオシが味わえ、食べくらべもできる。九州のお酒が飲めるのもうれしい。この時期ならでは九州の味を食べつくそう!【東京ウォーカー】