写真提供:マイナビニュース

写真拡大

コンピュータシステムサービス(CSS)は1月15日、同社の小売店向けPOSシステムである「タロスPOS」と、ヤフーのインターネット・ショッピングモール「Yahoo!ショッピング」との間でデータ連動が可能になったと発表した。同社はこれに合わせ、「月額利用料3カ月無料キャンペーン」を期間限定で実施する。

Yahoo!ショッピングでは「誰でも、無料で、簡単にネットショップを開ける」施策が小売店の大きな関心を引く一方、特に実店舗を運営する小売店では店頭業務に加えてEC業務の負担増加が参入障壁となっていたという。

一方、タロスPOSは、総合リサイクル・ショップを始め、DVD・本・ゲームなどのメディア販売業、貴金属・高級ブランド買取業、アパレル販売業など全国累計3,000店舗以上の導入実績があるとのこと。店舗の各種情報を統括するPOSシステムでありながら各種ネットショップを直接制御することで、店舗の在庫管理・商品管理をリアルタイムで一元化、実店舗とECの同時併売を実現したとしている。

同社はECに興味がある小売店に対して、タロスPOSの導入によりYahoo!ショッピングへの出品および実店舗との併売を手軽かつスムーズに展開すべく、EC業務改善と売上拡大の提案を進めていくという。

今回のデータ連動の開始に合わせ、通常は月額5,000円(税別)で提供している同社の「Yahoo!ショッピング 連動サービス」について、導入開始月から3ヵ月間は無料で利用できるキャンペーンを6月30日までの期間限定で実施する。

(山本善之介)