18日、都内でも積雪を記録 (写真はイメージ)

写真拡大 (全2枚)

 気象庁は、17日夜から18日にかけて低気圧が急速に発達したことで、東日本や東北地方の太平洋側を中心に湿った雪が降り、関東など普段雪が少ない平野部でも大雪になることがあると、注意を促している。

 この影響で18日朝、東京23区内でも積雪を記録。JR各線のほか、西武鉄道、東武鉄道、小田急電鉄の各交通機関でダイヤに乱れが出ている。

 気象庁では、18日12時までに予想される降雪量についても言及。関東甲信地方で40cm、東北地方・北陸地方で30cm、中国地方・東海地方で20〜25cm、関東南部平野部で15cm(いずれも多い場所)としている。