金田正一氏と対談した青木功氏

写真拡大

 400勝投手として野球界を代表する金田正一氏(82)と、日本人初の米国PGAツアー優勝などゴルフ界を代表する実績を持つ青木功氏(73)、レジェンド同士の奇跡の対談が実現した。公に対談をするのは今回が初めてだという2人が、お互いのプレーについて、そして最近の選手の闘争心について語りあった。

金田:青木のゴルフは素晴らしかったよ。(スイングに)しっかりした壁があって、(腕の)三角形が崩れなかった。変にフォロースルーで体が流れたりしない。

青木:オレはスイングはインパクトで終わりという考えだから。昔、『青木功のインパクトゴルフ』(サンケイ出版、1980年)という本を出したようにね。ドライバーだろうがパターだろうが、インパクトが命。

金田:あれも下半身が強靭だからできる芸当なんだよな。ワシの投げ方を若い者が真似できないのと同じで、他のプロは誰も青木の真似ができなかったなァ。

青木:やれるもんならやってみろって思いだね。

金田:ガハハハ、いいねェ。最近の選手に足りないのはこれだ。こういう闘争心を前面に出す者がいない。

青木:本当だよね。これは自分しかできないことだともっとアピールしなきゃ。言葉が悪いが「悪ガキ」になってもらいたい。

金田:「勝利」へのこだわりも弱いと思わんか?

青木:そうそう。どういうわけか最近の子は、勝った翌週に簡単に予選落ちしちゃう。オレたちの時代には絶対に許されなかった。「プロの意地があるなら(勝った翌週は注目されているから)予選だけは通れ」と林(由郎)さんや中村(寅吉)さんから尻を叩かれていたもんだけどね。それに今の選手は負けても悔しがらない。負けておきながら「楽しめました」なんてコメントを出す。そんなの聞いたらぶん殴ってやろうかと思うよ。

金田:殴ればいいのに。

青木:本当にやると問題になるでしょう(笑い)。

金田:長嶋(茂雄)や王(貞治)は三振した次の打席は目の色が違ったし、ワシも打たれた次はバットをへし折るつもりで投げたもんだがなァ。

青木:それが普通だと思うんですけどね。オレも負けず嫌いだから、ジャンボ(尾崎)との戦いには負けたくなかったよ。ジャンボに競り負けた時、18番グリーンで祝福の握手をしたんだけど、思い切り力を込めて握ってやったことがある(笑い)。悔しいし次はオレだという気持ちの表われだね。握手だけでも闘争していた。プロならそれぐらいの気構えが必要じゃないかな。

金田:ワシのマナーの悪さは天下一品だが、青木も相当だな。

青木:アニキを見習ったからね(笑い)。

※週刊ポスト2016年1月29日号