cafeglobeより転載:空気が乾燥していて、ちょっと油断をするとすぐのどが痛くなってしまう季節です。仕事が詰まっているときは、なかなか病院へ行く時間もとれないもの。

そんなとき、家に居ながらにしてのどの痛みを緩和する方法をご存知ですか?

薬を飲む。睡眠をとる。水分補給をする。この3つの対策がメジャーですが、これ以外にもさまざまな方法が海外サイト「SHE FINDS」と「Health」にありました。

マシュマロを食べる


マシュマロを食べるとのどの痛みが治るなんて、なんの根拠もないように思えますが、ヨーロッパでは何百年も前から語り継がれている方法だそうです。

これはあながち風変わりな話ではなくて、マシュマロの成分であるゼラチンが、のどの炎症を覆い痛みを緩和してくれるのです。
「Health」より翻訳引用

マシュマロの中のゼラチンの成分が咳、風邪、喉の痛みに良いそうです。プレーンのものを3つか4つ口に入れるだけでよいとか。家やオフィスの引き出しに常備しておくのもいいかもしれません。


のどの腫れには、ぬるま湯と塩


ぬるま湯を入れたグラスに適量の塩(小さじ1杯くらい)を入れて約1分うがいをします。

こうすることで、のどの腫れと痛みを和らげてくれるのです。また、温かいお湯を使うことでのどの不快感を取り払ってくれる働きもあります。
「SHE FINDS」より翻訳引用

塩には殺菌作用があるので、しっかりと長めにうがいをすることでウィルスを減少させることができます。また、のどの痛みに伴ってチクチクするような不快感があります。これは、温かいお湯でのど全体を潤わすことで解消されるようです。ちなみに、口内炎になったときにも海水うがいは良いそうです。


声枯れには、ミスト


のどの痛みは、眠っている間に加速するといいます。

加湿器の温いもしくは冷たいミスト(それは、あなたが快適と感じる方で)を空気中に放っておくと、腫れたのどでも呼吸しやすくなり、しわがれ声も治ります。
「SHE FINDS」より翻訳引用

日中は、水分をとったり飴をなめたりしてのどを潤すことができますが、眠っている間はそれができません。

のどの粘膜が乾燥すると、風邪の菌が付着し一気に痛みが進行します。そのため、夜は加湿をしましょう。ただし、過度の加湿器の使用はカビや雑菌の原因になるので、毎晩は避けたほうが無難です。

マスクやネックウォーマーをつけてのどを保護しながら眠るのもおすすめ。私はのどが痛くなるとネックウォーマーをつけて眠ることが多いのですが、翌朝にすっきり痛みが消えていることがよくあります。

のどが痛いと思ったように日常生活が送れず、本当にストレスになります。「危ない!」と思ったら早めに対策をとって、しっかり自己管理をしながらこの冬を乗り切りたいものです。


cafeglobeの注目記事:
・大人は22時から盛り上がる。女同士の夜遅パーティ
・毛玉ケアの裏技も。スタイリストに聞いたカシミヤをきれいに保つ方法
・体だって、肌だって。「自己回復力」できれいになる


[SHE FINDS, Health]

(奥井亜輝)
Photo by shutterstock.