Doctors Me(ドクターズミー)- 毛の成長がいきなりストップ!? 薄毛の原因は「休止期脱毛状態」かも?

写真拡大

私たちを悩ませる、薄毛や抜け毛の問題。原因は男性型脱毛症、いわゆるAGAをはじめ、さまざまなものが考えられ、そのメカニズムは複雑です。これは決して男性だけの悩みではなく、女性も薄毛に悩む人がたくさんいるのです。

今回はそのなかの一つである「休止期脱毛症」について医師に解説してもらいましょう。

「休止期脱毛症」とは…?

まずは「休止期脱毛症」の「休止期」という意味について説明しましょう。

髪の毛には、ヘアサイクルと呼ばれる周期があります。このヘアサイクルは、いわば髪の毛の一生、と考えることもできます。ずっと伸び続けているように思われる私たちの髪の毛ですが、実は一本一本の毛がこのヘアサイクルに従って、生えては抜ける、という周期を数年ごとに繰り返しているのです。

このヘアサイクルによって、髪は成長期、退行期、休止期をたどり、抜け落ちていきます。「休止期脱毛症」は頭髪全体の90%を占めるといわれる成長期にある髪の毛が、いきなり休止期に移行することで生じるといわれています。

女性が産後に経験する「分娩後脱毛症」

休止期脱毛症の特徴は、髪の毛そのものが細くなるということは少なく、毛髪が抜けてまばらになることが多いといわれています。種別としては、「びまん性脱毛症」に分類される脱毛症です。

代表的な休止期脱毛症として知られるのが、出産経験のある女性の半数以上が経験するといわれている、産後の脱毛症(分娩後脱毛症)。妊娠中は気付かないことが多いかもしれませんが、実は女性ホルモンの急激な増加により、妊娠前よりも脱毛が抑制されています。出産後、赤ちゃんが生まれて忙しい生活が始まりますが、同時に急激に女性ホルモンが減少し、産後の女性の多くがとてもつらい時期を迎えます。この時に精神的に追い打ちをかけるのが、産後の脱毛症なのです。

産後の脱毛は一時的なもの

この分娩後脱毛症も、妊娠中は女性ホルモンによって抑えられていた毛髪の成長期から休止期への移行が、分娩により、女性ホルモンによる抑制が一気に外れてしまうことで起きます。

産後数カ月で抜け毛の多さに気付く方が多いといわれていますが、これは多くの場合一時的なものであり、遅くても一年以内には元の状態に戻ることが多いと考えられています。現在妊娠中の方はこれをあらかじめ知っておくと、必要以上に落ち込まなくてすみますね。

医師からのアドバイス

もちろん、「休止期脱毛症」は産婦さんだけがかかるものではありません。たとえば、無理な減量や強い精神的ストレス、甲状腺の病気や外科的な手術によるストレスなどでも起こることがあります。また、一部の薬剤でも起こることが知られているため、注意が必要です。もちろん原因がはっきりしている場合は、その原因を取り除くことで改善が期待できます。

あまり改善が思わしくない場合は、皮膚科で薬による治療を行うこともあるので、相談してみるとよいでしょう。

(監修:Doctors Me 医師)