デ・ヘア「ユナイテッドのレジェンドになりたい」

写真拡大

▽スペイン代表GKダビド・デ・ヘアが、マンチェスター・ユナイテッドへの忠誠心を見せた。

▽昨年の夏にレアル・マドリー入りが迫っていたデ・ヘアだが、クラブ間の取引が期限までに完了せず、移籍は破談に終わった。その後、ユナイテッドとの契約を延長したデ・ヘアは、素晴らしいパフォーマンスを見せてクラブに貢献している。

▽国際サッカー連盟(FIFA)は先日、レアル・マドリーとアトレティコ・マドリーの2クラブに対して、18歳未満の選手獲得・登録規定に対する違反が認められたため、2度の移籍期間における選手登録を不可能とする処分を科すことを発表した。この影響により、レアル・マドリーが現在の移籍市場で、新契約に解除条項を盛り込んでいるとみられるデ・ヘアの獲得に、解除金を用意して動くとも報じられている。

▽そんな中、デ・ヘアは、イギリス『スカイ・スポーツ』の独占インタビューに応じ、「僕は幸せだよ。チームを信じているし、楽しめている」と、ユナイテッドで満足していることを強調。さらに、ユナイテッドのレジェンドである元デンマーク代表GKピーター・シュマイケル氏と元オランダ代表GKエドウィン・ファン・デル・サール氏について尋ねられると、「彼らはプレミアリーグにおける最も偉大なGKたちだ。ユナイテッドのレジェンドだね。僕もそうなりたい」とコメントした。

▽そのほか、デ・ヘアは世界最高のGKと認知されたいと話している。

「世界最高のGKになるために、いつも練習に励んでいる。今現在、誰が世界最高なのかは分からない。でも、僕は世界一になりたいね。そして、マンチェスター・ユナイテッドのためにトロフィーを勝ち取っていきたい」