丸山桂里奈が引退を否定 「引退と捉えられて困惑している」

写真拡大

▽FC大阪高槻の元なでしこジャパンFW丸山桂里奈(32)が17日、現役引退を否定した。

▽丸山は16日、自身のツイッターで、「去年は澤さんが引退して、ついこの前に海堀が引退…。すっごく寂しい気持ちだけど、いつか誰でも引退する日は来る。また詳しくブログに書きますが、私も今年を最後の年にします!! 今年一年、全部出し切ります( ´ ▽ ` )ノ」(原文まま)と投稿していた。

▽今年が現役最後の年だと捉えられたが、丸山はこれを否定。「私が呟いたことが、引退表明という形で捉えられていて困惑しています。30歳を過ぎてから毎年最後という気持ちで今まできました。一年一年が最後という気持ちのギリギリのところでやっているのと、今年は最後になってもいいと言う気持ちで。とにかく全力でやります。という事を伝えたいです!」と新たに投稿し、今年限りでの現役引退を決めたわけではないことを強調した。

▽丸山は、2011年に行われたドイツ・ワールドカップに出場。準々決勝のドイツ戦では後半から途中出場を果たし、延長戦で決勝ゴールを奪うなど、なでしこジャパンの優勝に大きく貢献した。