アツアツでとろける「マシュマロスイーツ」がじわじわブーム!

写真拡大

 いま、若い女性たちの間でマシュマロをアレンジしたアメリカ発の手作りスイーツが流行しているのをご存知でしょうか。

 そのスイーツとは「スモア」。語源は英語の「s’more」⇒「some more(もうちょっと欲しい)」で、最初に食べ始めたのはアメリカのガールスカウトという説がある食べ物です。

 スモアはもはやアメリカやカナダではキャンプ時に食べるフードの定番。マシュマロを小枝に串刺しにして、キャンプファイヤーで焼き、クラッカーに挟んだチョコと一緒に挟み、とろける食感を堪能するというもの。

 それが日本で今、マシュマロをオーブンでチンして焼き、ブルボンのチョコレート菓子「アルフォート」を挟んで食べられているとは、アメリカ人も驚きそうですね。

 そんなスモアは、アルフォートのほか、ホットミルクやジャーケーキなどで食べるアレンジレシピがいっぱい。アツアツのままいただくのも、この寒い時期にぴったりですよ!