今年で第4回目を迎えるこの大会、初日は山下が圧巻のプレーを見せた(撮影:高木昭彦)

写真拡大

<ALBA プロアマトーナメント 初日◇17日◇レイクウッドゴルフクラブ 西コース(男子プロ6,755ヤード、シニアプロ6,696ヤード、女子プロ6,065ヤード・パー72)>
 弊社主催の「ALBAプロアマトーナメント」が神奈川県にあるレイクウッドゴルフクラブ・西コースを舞台に開幕。この大会には男子・女子・シニアから40名のプロが出場、2日間36ホールのストロークプレーで争われる。
ボードにサインをするレジェンド・中嶋常幸
 初日を終え、首位に立ったのは9バーディ・ノーボギーの“63”をマークした山下和宏。「ティショットは良くなかったが、セカンドショットとパッティングが良かった」とアイアンとパターが好調で圧巻のプレーを披露。優勝賞金300万円に王手をかけた。
 山下を追走する一番手はベテランの深堀圭一郎。7バーディ・ノーボギーの“65”でラウンド、「リラックスしてできた。バーディパットが入ってくれた」とチャンスを逃さずバーディを量産。明日は2打差から逆転優勝を狙う。
 昨年大会では佐藤靖子と室田淳が同スコアで優勝を分け合ったが、佐藤は6アンダーで3位タイとまずまずの位置につけた。現在2連覇中の室田は大乱調で、この日のスコアは“79”。7オーバー40位と最下位に沈み3連覇はかなり厳しい状況になってしまった。
 この大会2年ぶりの出場のレジェンド、中嶋常幸は2アンダーで17位タイ。田中秀道、丸山大輔らが佐藤と同じく3打差の3位タイにつけている。
【初日の結果】
1位:山下和宏(-9)
2位:深堀圭一郎(-7)
3位T:白佳和(-6)
3位T:野上貴夫(-6)
3位T:田中秀道(-6)
3位T:丸山大輔(-6)
3位T:佐藤靖子(-6)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【スイング解説】原江里菜の“ゆったりと大きなスイングアーク”はアマチュアの理想