女子力高め?ある料理好き女子の手料理が難易度高すぎる件

写真拡大

食の好みは人それぞれといいますが、でも中でもこの人だけはちょっとすごすぎる……。というか、すごすぎてこの1年半ほどずーっと編集部で見守りつづけていた人物がいます。

それが今回ご紹介するナルパジンさん。Twitterでは生肉好きで知られる人物です。以前、編集部で紹介した「朝風呂場に行ったら亀がモリモリ産卵してた件」という記事があり、その亀の飼い主の方でもあります。
記事で紹介して以来のお付き合いになるのですが、そこから見続けた食生活がとにかく衝撃的すぎるのです。本気で「よいこは真似しないでね」レベルに。

【関連:朝風呂場に行ったら亀がモリモリ産卵してた件】

逆スターゲイジー鍋

ナルパジンさんは、お料理好きのふつうの女子で、作る料理は「女子力高めのお料理」だとご本人は自負しておられます。それが写真の通りの豪快手作り料理(完成品)。 「半生で刺身と煮込み料理がいっぺんに味わえる」という一度で二度おいしいメニューで、今まで一度もあたったことはないそうです(震え声)。
そして得意料理は鍋。作る頻度は夏場は少し減ってしまいますが、冬場になると1〜2週おきに作っては披露して、度々ネット上をざわつかせています。

なお、鍋の場合は平日仕事もある関係一度に大量に作って作り置きし、数日にわけ食べる堅実料理という意味もあるそうです。そのため、たまに具材(生肉)を足したリメイク料理も披露されています。とここだけ書くと、ふつうの女子力高めな人物の手料理に思われますが、実際の仕上がりは写真のとおり(再確認)。

もっと煮込んだ料理も作ることがあるのですが、見た目は繁華街の電柱下でみかけるアレっぽかったり、エイリアンが出てきそうな粘着性の高いものになっていたりと、火を通せば通すほどますます見た目は残念な感じになっていきます。だから、半生でもこれはこれで見た目を考えると、完成度は高いのかもしれません。

※注意:この料理はナルパジンさんが自己責任で食しているものです。ふつうの方には危険ですので絶対に真似をしないでください。

▼参考
ナルパジンさんのこれまでの食生活のまとめ(togetter)