いちごみるくパフェ〜パンナコッタと苺のグラニータ〜

ファミリーレストランチェーン、ロイヤルホストは、国産のフレッシュイチゴを使用した季節限定デザートを、2016年2月9日から5月初旬にかけて販売する。

2015年6月に販売休止した人気メニュー「苺のブリュレパフェ」が、イチゴのおいしい季節にあわせて再登場。その他にも、甘酸っぱく豊かな香りの苺を使った、全4種類のデザートを楽しめる。

世界の伝統的なお菓子をアレンジしながら、苺と組み合わせた

「いちごみるくパフェ〜パンナコッタと苺のグラニータ〜」は、パンナコッタ、バニラアイス、イチゴのグラニータ(イタリア発祥の氷菓子)を盛り合わせた。仕上げに、お店で一粒ずつクラッシュしたフレッシュ苺と、練乳を合わせた。価格は、702円(税込、以下同)。

「苺のブリュレパフェ」は、キャラメリゼしたクレームブリュレやフレッシュ苺、ストロベリーソルベ、塩キャラメルアイス、バニラアイス、グラハムビスケットなどが層になっている。見た目も楽しい一品。価格は、777円。

「苺のパリブレスト」は、自転車の車輪の形をしたフランス菓子をアレンジ。シューにバニラアイス、カスタードクリームと苺クリームを挟み、フレッシュ苺をトッピングした。価格は、702円。

「苺のトライフル」は、フレッシュ苺とドライストロベリーをちりばめた、苺のショートケーキを食べているようなグラスケーキ。スポンジケーキ、カスタード、フルーツ、ホイップクリームを重ねて作るイギリスの伝統的なデザート「トライフル」をアレンジした。価格は、680円。

販売店舗は、全国のロイヤルホスト224店舗。販売時間は11時〜24時。