非正規労働者の2割 生活苦のため食事の回数を減らしていると判明

ざっくり言うと

  • 連合は17日までに派遣などの非正規労働者約2千人に調査した結果を発表した
  • 非正規労働者の約2割が生活苦のため食事の回数を減らしていることが判明
  • 「働き方の違いが、生活の根幹に大きな影響を与えている」と担当者は語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング