松坂桃李

写真拡大

1月15日に公開初日を迎えた映画『パディントン』の舞台挨拶が1月16日にTOHOシネマズ新宿で行われ、主人公パディントンの声を担当した松坂桃李、パディントンを温かく迎え入れるブラウンさん一家の優しいお母さんの声を演じた斉藤由貴、ブラウンさん一家の長女でしっかり者の勉強家ジュディの声を演じた三戸なつめが登壇した。

[動画]松坂桃李と三戸なつめが肌身離さず身につけているものとは?/『パディントン』完成披露舞台挨拶

同作は、世界40ヵ国語以上で翻訳され、全世界で3500万部以上を売り上げる同名ロングセラー児童小説の映画化作品。

松坂は「みなさん今日はお越しくださってありがとうございます。可愛らしいパディントンを見て、子ども向け映画だと思っている方、結構びっくりされると思います。本当に面白い映画です」と挨拶。

三戸は「初めてのアフレコはすごく緊張しながらでしたが、パディントンにずっと癒されながら、楽しい時間を過ごすことができました。公開を迎えられて、素敵な時間をみなさんと共有できることが嬉しいです」と興奮気味に語り、斉藤は「私が演じたブラウン夫人は、パディントン駅でクマを見つけて、パディントンの名付け役なんです!そんな大役を演じられて光栄です」とコメントしつつも、「あっ、これ、ネタバレかしら!? あんなに(舞台挨拶が)はじまるまで注意していたのに」とぼやき、観客の笑いを誘った。

また松坂は「クマの声のお話をいただいたときは、衝撃が走りました。正直最初は『無理かも』と思いながら、『本当にクマを演じるんですよね?』って何度も聞き返してしまいました。でも有吉さんも(『テッド』で)やられていたし、頑張ってみようかと」と振り返りつつ、「映像を見てからは、パディントンが終始可愛くて、早くみなさんにもその可愛さを伝えたいなと思っていたので、今日を迎えられて嬉しいです」と語った。

さらに、パディントンが劇中でトイレを壊してバスルームを水浸りにするなど、失敗を繰り返すキャラであることを踏まえ、司会から「最近やってしまった失敗」を聞かれた松坂は「今年の正月に実家に帰った際、甥っ子にお年玉をあげようと思っていたのにお金を持っていないことに気づいて、焦って銀行でお金をおろしました」と明かし、続けて「3歳くらいの甥っ子に適切な金額はいくらだろうと迷いました。いくらあげたかは秘密です」と話していた。

クマ役の吹替えに挑戦の松坂桃李「クマといえば有吉さん」と気兼ね!?
木村佳乃が『パディントン』で声優「どんな映画になるのか楽しみ」
[動画]『パディントン』予告編
[動画]『パディントン』本編映像