室外機ヒーター搭載、寒い地域でも快適暖房

写真拡大

空調機器などを手がけるコロナ(新潟県三条市)は、ルームエアコン「Wシリーズ」全17機種を2016年2月上旬から順次発売する。

2つの除湿モードをリモコンで操作 オールシーズン快適な室内環境に

同社エアコンの中で最も暖房能力を高め、18畳用5.6キロワットクラスの室外機ドレンパンに「凍結防止ヒーター」を搭載し、外気温度マイナス25度でも暖房運転可能な「寒冷地仕様」2機種を新たに投入する。

最高55度の「高温風吹き出し」、足元温度約35度を実現する「パワフル暖房」、除霜運転中も暖房を継続「ノンストップ暖房」などを搭載。約2分で温風吹き出しを開始、部屋全体を素早く暖める「暖速モード」を備える。

「再熱除湿(寒くならない除湿)」、「涼除湿(弱冷房除湿)」2つの除湿運転モードをリモコンボタンで簡単に選択可能。暖冷房・除湿とオールシーズン快適な室内環境を創り出せるという。

「Wシリーズ」6〜18畳5機種、寒冷地仕様「冬暖」6〜18畳5機種、「Nシリーズ」6〜14畳4機種、「冷房専用」6〜15畳3機種をラインアップ。価格は寒冷地仕様が25〜45万円(税別)、そのほかはいずれもオープン価格。