亀川はファーストプレーのミスで消極的になってしまい、「90分間、なにもできなかった」と猛省。増幅した危機感を振り払うには、切り替えて結果を残すしかない。 写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 今大会初先発のチャンスを手にするも、固さが目に付き、本来のアグレッシブさ最後まで見られぬまま。PKを献上するなど、悔しいゲームとなった亀川諒史のコメントをお届けする。

【リオ五輪予選PHOTOダイジェスト】鈴木、矢島が決め、久保は2発! 日本 4-0 タイ​

亀川諒史(福岡/DF)
 
――今大会初先発となりました。
 正直、なにもしなかった90分でした。ファーストプレーでミスをしてしまって、PKを与えてしまったシーンも、相手がミスをしてくれたから良かったものの、あそこで入れられていたら流れを変えてしまったと思います。本当になにもできなかった。
 
――思っていたより緊張しましたか?
 
 いや、別に緊張するタイプではないんですけど。。。ファーストプレーをミスってしまったことで、消極的になってしまいました。それでも、そこから持ち直さないといけないし、チームメイトが4点を取ってくれて本当に良かったです。
 
――終わってホッとしましたか? それとも悔しさですか?
 悔しさというか、自分の中での危機感はさらに増幅しましたね。
 
――今日の試合をどう次に活かしていきますか?
 
 終わってしまったことを引きずっても仕方ないと思っています。(タイ戦の)自分のプレーは変えられないですから。次に同じミスをしてはいけないし、90分間で“学べた”と考えて、なんらかの形でプラスに変えていかないといけません。