オナイウ阿道のスタメン起用も考えたが、最終的にサブにすることを決定。後半から投入したが、前夜の発破が効いたのか高い身体能力を存分に発揮していた。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 初戦の北朝鮮戦に続いて、2戦目のタイ戦にも勝利してグループリーグ突破を決めた日本。ここでは、スタメンを一気に6人入れ替えるなど大胆な選手起用を見せた手倉森誠監督のコメントをお届けする。

【リオ五輪予選PHOTOダイジェスト】日本 4-0 タイ
 
手倉森誠(監督)
 
――今日の試合について、まずは率直な感想をお願いします。
 
 まず、4ゴールを奪い、勝ててホッとしています。スタメンを多く入れ替えて臨んだゲームで、チームの総合力の高さを示せました。タイが1戦目にものすごくパワーを使っていて、我々はそれを見て(メンバーを)入れ替える決断をした。前半をしのげば、後半になんとかなるだろうという予想通りの展開になってくれました。
 
 ただの勝点3ではなく、前回のゲームの修正点を踏まえて、(北朝鮮戦で)間延びしたゲームをしてしまったなかで、コンパクトなゲームをしようと思っていました。PKを取られはしましたけど、無失点で終えられたのは非常に良いことです。
 
――この勝利でグループリーグ突破が決まりました。3戦目もいろいろな選手を試せます。
 
 2連勝して勢いに乗っていけますし、フレッシュな選手で回していける。まだ無失点ですから、次戦のメンバーにも(失点しないように)言っていきたい。決勝トーナメントに入ればなおさら失点は命取りなので、失点しないチーム作りが大切。無失点を続けることが求められるんだと言いたい。
 
――後半から途中出場させたオナイウ選手の評価は?

(オナイウ)阿道はスタメンで考えていましたが、サブにしました。昨日の練習でフィットしなかったからです。ただ、昨日の夜に少し発破をかけて、(鈴木)武蔵に代えて半分くらいやらせられればと思っていました。高い身体能力を十分に発揮してくれた。細かいところの技術を高められれば、彼にももっとチャンスが来るのかなと思います。
 
――3戦目に向けて、意気込みを聞かせてください。

 仁川のアジア競技大会ではグループ2位通過で、準々決勝敗退となった。なんとしても1位通過したいし、勝ち進むことで選手たちが成長できる。サウジアラビア戦も勝点3を求めて戦います。