連戦の疲れを一切見せず、最後まで攻守両面で精力的にプレーした遠藤。先制点をアシストするなど、その存在感は際立っていた。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 北朝鮮戦に続き、タイとのグループリーグ第2戦でも2ボランチの一角で先発フル出場を果たし、完勝に大きく貢献。チームを勢いに乗せる鈴木武蔵の先制点をアシストし、守備では非凡なボール奪取力でピンチを未然に防いだ遠藤航のコメントをお届けする。

【リオ五輪予選PHOTOダイジェスト】鈴木、矢島が決め、久保は2発! 日本 4-0 タイ
 
遠藤 航(浦和/MF)
 
――今日は裏を狙う攻撃が多くありました。
 
 最初から裏はみんな意識していて、裏への意識があるからこそ、間も空いてきた。相手は最初からパワーを出して戦ってきて、(後半は体力が)落ちてきたけど、僕たちは後半の時間帯でも落ちずに、しっかりとボールを奪い切るところまでできていました。
 
 その後に縦につけて、ショートカウンターを狙う形は、チームとして意思統一しながらできていた。そこは1試合目より良かった部分だと思います。
 
――出し手と受け手の関係も良かったと思います。
 
 そうですね。もちろん、メンバーが変わったから良かったという評価はするべきではないと思いますけど、CBだったら勇気を持って間を狙うボールを入れていくとか、ボランチなら間で受けてターンをするとか、そういう意識は1試合目よりみんな高かったですね。チームとして(1試合目の)反省を上手く活かせました。
 
――1-0で終わった初戦の北朝鮮戦とは違い、今日は追加点が取れました。
 
 2点目、3点目が取れれば楽になれるという話をしていたなかで、追加点を取りにいく姿勢や意識は、みんな持っていたはずです。
 
 前半からすごく良い形でボールを動かせていて、チャンスも作れていた。4点取れましたけど、こういうゲームができたのはチームとして成長できたと思います。
 
――遠藤選手は北朝鮮戦に続き、先発フル出場です。
 
「連戦で行くよ」という話は、もちろん試合前に言われていましたけど、自分もそのつもりで準備はしていました。2試合目で決勝トーナメント進出を決めるのが理想で、そのとおりになったのは良かったです。もちろん、1位で突破したいですね。
 
――次のサウジアラビア戦も出場するつもりで?
 
 もちろん、しっかり準備はするつもりです。
 
――次に向けての反省点はなんでしょうか?
 
 後半の押し込まれる時間帯にPKを与えてしまったりとか、バタつくシーンがありました。そこは反省したいです。微妙な判定ではありましたけど、ゴール前で無駄なファウルを与えてはいけないし、アジアでの戦いにおける審判のジャッジの見極めはやっていかなければいけないと思います。
 
――手倉森誠監督は失点ゼロを続けるこだわりを強調していましたが、それは選手同士でも共有されているのでしょうか?
 
 そうですね、後ろの選手は特に無失点に対するこだわりが強い。常にそういう気持ちでプレーしているから、それにチームがついてきている感じだと思います。