[1.16 リオデジャネイロ五輪アジア最終予選GL第2節 U-23タイ 0-4 U-23日本 グランド・ハマド・スタジアム]

 笑顔が絶えないインタビューになった。2連勝で決勝トーナメント一番乗りを決めたU-23日本代表の手倉森誠監督は、「厳しさを持って戦おうと。PKを取られた場面があって、あそこで1点差に詰め寄られていたら厳しかったが、僕らはメンバーを変えて戦って、総合力を示せたのは良かった」と充実の表情を浮かべた。

 采配が当たったことも、指揮官の表情を緩ませた要因だ。この日の日本は、1-0で勝利した13日の北朝鮮戦から先発メンバー6人を入れ替えて臨んでいた。ただ、前半27分にFW鈴木武蔵がゴールを奪い、1点リードでハーフタイムを迎えると、後半4分には初戦はベンチスタートだったMF原川力のクロスを、こちらもベンチスタートだったMF矢島慎也がヘディングで押し込み加点。

 さらに途中出場のFW久保裕也がPKを含む2ゴールを記録。「アタッカーが点を取ってくれたので、勢いを持ってやってくれれば」。初戦で得点のなかったアタッカー陣に火をつける勝利に、手ごたえを感じずにはいられない様子だった。

 次戦、19日に行う第3戦のサウジアラビア戦は、余裕を持って入ることができる。手倉森監督は、「まずはコンパクトなサッカーを心がけてショートカウンターを仕掛けること。あとは(ボールを)取ったあとのポゼッション。上手くゲームをコントロールできれば最高ですけどね」とゲームプランを語った。

 


●AFC U-23選手権2016特集