[1.16 リオデジャネイロ五輪アジア最終予選GL第2節 U-23タイ 0-4 U-23日本 グランド・ハマド・スタジアム]

 北朝鮮との初戦では、先発出場で攻守に奮闘も得点がなかったFW鈴木武蔵(新潟)。「緊張もあってあまり周りが見えていなかった」と反省点を語っていたストライカーが、5人のみに与えられた2試合連続のスタメン起用に先制点という結果で応え、グループリーグ突破に大きく貢献した。

「FWとしては当然ゴールを狙って行く」と意気込んでいた鈴木は前半27分、MF遠藤航(浦和)がダイレクトで出した浮き球パスを頭でコントロールして、PA右から右足ボレー。相手のプレッシャーを受けながらのシュートとなったが、しっかりゴール右隅に流し込み、待望の先制点を挙げた。

「航くんに(パスが)くるときに声を出して『裏!』って要求していたので、そこにちょうどいいボールがきた。良い関係だった。航くんとの関係性が良かったのがすべて。ゴールのところは思い切って振り抜きました」

 そう得点シーンを振り返った鈴木は、前半のみの出場にとどまったが、手応えを感じた様子。「結構、自分たちでボールを握ってペースつかめていたので、やろうとしていることができた試合かなと思います」

 決勝トーナメント進出を決めた日本はグループリーグ3戦目でU-23サウジアラビア代表と対戦する。「グループリーグ3戦3勝して(決勝)トーナメントに向かっていきたいです」と意気込みを語った鈴木。インタビュー終了時にインタビュアーからの「ナイスゴールでした」のコメントに白い歯ものぞかせ、勝利を喜んだ。


●AFC U-23選手権2016特集