自分の平熱を知っていますか? 一般的に、健康な人の平熱は36.5℃〜37.1℃と言われています。でも最近は平熱が36℃前半や35℃台という人も多いのではないでしょうか。日本人の平均の体温は50年前と比べて1℃近く下がっているそうです。体温は免疫力や基礎代謝と密接な関係がある要因。体温を上げることで知らないうちにダイエット成功! なんてこともあるかもしれませんよ。

体温を1℃上げれば免疫力は30%上がる!

体温が上がると血流が良くなります。美と健康を保つために必要な酸素や栄養素は、血液によって運ばれるので、免疫力がアップします。血液と一緒に免疫機能のある白血球が体を回りやすくなるのも、免疫力アップの理由です。体温を1℃上げるだけで、免疫力は30%上がるといわれています。寒い外気にさらされるこの季節、風邪やインフルエンザから身を守るためにも体温アップが◎です。

体温を1℃上げれば何もしなくてもダイエットが可能!

体温を1℃上げるだけで、基礎代謝が12%もアップするといわれています。基礎代謝は人が生活するなかで自然に消費するカロリー。全消費カロリーの中で70%を占めるといわれています。例えば、1日の基礎代謝が1200kcalだった場合、体温を1℃上げれば基礎代謝は1344kcalに。体重を1kg減らすには7200kcal必要なので、消費カロリーが1日144kcal増えれば50日間で1kgのダイエットになります。何もしなくても1年で7kg以上もダイエットできる計算になるのです!

運動・食事・入浴で体温を上げる方法

体温を上げるにはいろいろな方法がありますが、ここでは誰でも簡単にできるものをご紹介します。

◯運動で筋肉を増やす

筋肉は体の中で最も熱量を発生するところです。低体温の人が増えたのも運動不足と無関係ではありません。ウォーキングやジョギングで筋肉は増やすことができます。運動が苦にならなければ、1日50回程度スクワットを行うのもいいでしょう。

◯体を温める食事

体を温めるには、温かい飲み物を飲むのが簡単です。生姜には体を温める効果があるので、飲み物に入れてもいいでしょう。また、ストレスも低体温の原因となります。GABAが多く含まれるトマトやジャガイモ、みかんなどがストレス軽減におススメです。

◯入浴で体温アップ

湯船に10分間浸かれば体温が1℃上昇します。シャワーで済ませずにお湯に浸かる習慣をつけましょう。体の内部まで温めるには、ぬるめのお湯にゆっくりと浸かった方が効果的です。


writer:岩田かほり