『ニッポンAV最尖端 欲望が生むクールジャパン』(文春文庫)

写真拡大

 アニメ・マンガは言うにおよばず、原宿ファッションや、きゃりーぱみゅぱみゅ・BABYMETALのようなJ-POPまで、世界中で日本発のポップカルチャーが人気を博している。こうした状況をメディアは「クールジャパン」と持ち上げ、経済産業省もクールジャパン戦略を日本経済活性化の切り札として、最重点政策に掲げている。

 しかし、日本にはこれら表の動きでは一切取り上げられない、もうひとつの「クールジャパン」コンテンツがある。それは、アダルトビデオだ。

 中国・韓国などの東アジア諸国では、蒼井そらが国民的人気を獲得。中国版ツイッターと呼ばれる微博では、彼女のフォロワー数は1600万を突破している。さらに、最近では「ポスト蒼井そら」として波多野結衣が台頭。台湾では女優として映画出演を果たすなどもしている。

 日本産AV人気はアジア諸国だけにはとどまらない。日本のAVはジャポルノ(Japorn)と括ってジャンル化され、さらに、日本産のアダルトコンテンツを総称して「Hentai」と呼ぶのもいまや世界共通語となりつつある。

 なぜ日本産のアダルトコンテンツは世界中でここまでの人気を得ることができたのか。ライターの藤木TDC氏は『ニッポンAV最尖端 欲望が生むクールジャパン』(文藝春秋)のなかで、日本の法規制、そして「モザイク」の存在がこういった状況を用意したのだと語っている。

〈ポルノとしては致命的なハードコア表現の不可能性を克服するため、AVは別のベクトルを持つエロスを模索し、映像として創造しなければならなかった〉

 欧米のポルノとちがって直接セックスを見せることのできない日本のAVにおいて、ユーザーを満足させるにはひと工夫が必要だった。それが、ニッチな性癖に応えるようなマニアな作品を生み出したり、奇想天外な演出を練り上げたりと、世界中どこにもない独特なポルノをつくりあげていくことになる。

 では、日本のアダルトビデオ界は、具体的にどんなAVを生み出してきたのか? その典型が「Bukkake」だ。

 巷間知られている通り、数名の男優が女優の身体に次々と精液をかけていく行為「ぶっかけ」は、日本独自のポルノ表現として受け入れられ、今や「Bukkake」として欧米でも伝わる言葉となっている。

 この「Bukkake」なる言葉を世界に持ち込んだ男は、松本和彦という人物だ。松本は94年、「ザーメンマニアの聖地」とも呼ばれるビデオ販売店・ミルキーショップ・エムズを開業。有名AV女優に多人数の男優が射精し、それらのザーメンを飲み干させるという過激な作風のビデオを制作することで、絶大な人気を集めていた。

 その人気を後ろ盾に、96年、松本は世界中からポルノメーカーとディーラーが集める見本市「VSDA(Video Software Dealers Association)」に出展。これが大きな契機となる。松本は同書の中で当時をこう振り返っている。

「〈ブッカキー〉って発音するんですよ、向こうの人は。その語感が印象に残ったんじゃないですか。VSDAに持っていったのは『'95年決戦』(主演・南口るみね)って、主演女優が100人分のフェラをしてザーメンを飲む内容のビデオで、あの時は販売はせず、映写だけでした。日本人がポルノの国際コンベンションに出展するのも初めてだったし、内容もアメリカにそれまでなかった過激なスタイルってことで、ブースはもう黒山の人だかりですよ」

 モザイクの存在のせいで、直接的なハードコア表現では勝負できないがゆえに、試行錯誤の末生み出された「ぶっかけ」という表現。それは「Bukkake」として世界中で受け入れられ、さらに、日本のAVが「ジャポルノ(Japorn)」として認知されるきっかけにもなった、ということらしいのだ。

 世界が驚く日本のポルノ表現は他にある。たとえば、「マシンバイブもの」だ。電マやドリルバイブなどの器具を用いて女優を悶絶させる一連の作品は日本独自のもので、しかも、それはどんどん進化というか、あらぬ方向にエスカレートしていった。

 なかには、ペダルを踏むとサドルからディルドが突き出るよう改造された自転車にAV女優を乗せ外を走らせる『アクメ自転車が行くッ!!』という驚きの企画まで生み出された。

 このようなマシンが開発されるにいたるのも、ユーザーを満足させられるよう試行錯誤を繰り返す日本のAV業界ならではのことであった。前掲書でインタビューに応じているAV監督のミネックJr.はこう語っている。

「僕がマシンを使うのは、男優が写り込まずに、どうやったらスクリーンの全部が女優だけの映像にできるかってことなんですよ。(中略)人間の手の長さでバイブを使うと、どうしても腕とか肩とかが写ってしまう。自分が男優ですから、結果として男優ごしに女優が写ることになる。それ、すごく嫌なんですよ。手だけ写っても納得できないです。100%、男優を消したいんで」

 自分と女優が二人っきりでいるような世界を疑似体験したいというユーザーは多い。特に、若い世代にその傾向が強いのだが、そのニーズに応えるため、日本のAV製作者たちは大掛かりなピストンマシンまでつくりだしたのである。  

 こういった、ハードコア表現が不可能であるが故になされた試行錯誤は、AVというジャンルが表現し得る世界をどんどん広げていく。

 その極めつけとも言えるものが、いわゆる「ナンパもの」と呼ばれる作品だ。
地球上ありとあらゆる場所を旅し、そこでのセックスをドキュメンタリーとして作品にしていく流れは日本のAV史において脈々と受け継がれている。

 そのなかでも最も衝撃的なのが、柴原光が監督した『無防備都市ナンパ戒厳令』である。この作品は、なんと、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争の激戦地まで赴き、その現地でナンパビデオを撮影しようという企画なのだ。なぜこんな無茶な計画が立ち上がったのか? 柴原はこう語る。

「当時、キューバとかロシアで撮ったナンパAVが発売されていて、俺たちもどっか行かなきゃなって雰囲気はあったんだよね。そいつらを超えなきゃならないって。94年に『サラエボ旅行案内 史上初の戦場都市ガイド』(三修社)っていう戦地をガイドブック風に紹介するパロディ本が出たんですよ。それ読んで大真面目に旅行してみようって発想からスタートしたの」
「なんで戦争しているのかってバックグラウンドをほとんど調べないで行っちゃったんで、クロアチアのホテルに着いて向こうの人に戦況を説明されて、あ、そういうことなんだって初めて知ったという(苦笑)。知らなかったから行けたんで、普通、この国は絶対に行っちゃいけないって思うよね」

 政治的な主義主張などは微塵もない、あるのは、AVというフォーマットが表現できるキャパシティーをどれだけ広げられるかという、性的・芸術的な探求心だけであった。

 この不謹慎とも思える旅はすったもんだの末、ついに戦火の中心地にまでいたる。首都ザグレブに向かう道中のカメラには、ボディに「UN」と書かれた巨大な車両や難民キャンプが映し出され、戦争の禍々しさが記録されていた。確認しておくが、一応この作品は「アダルトビデオ」である。

 一介のAV監督が表現欲求に焚き付けられて走り出した命知らずの旅。その挑戦はあっけない最後を迎える。クロアチア政府から国外退去処分を受けてしまうのであった。

「サイレン鳴らしてパトカー追ってきたから、あわててシートベルト締め直したり。さすがに戦地でシートベルトはないだろ(笑)。
 警官が降りてきてさ、『カメラ止めろ』って言うんだけど、彼らはそれを拳を前後にクルクル回して伝えるの。要するに映写機のクランク回してる感覚なんだよね、こっちは8ミリビデオなのに。何年前の感覚だよ(笑)」
「あのあと警察署に連行されたの。戦闘地域に何にも知らずに入り込んでカメラ回してたから、何者だってことで。えらい剣幕で怒られたんだけど、むこうの言葉だからなにも分からない。僕らも日本語でペラペラ反論して。相手もまったく分からない(笑)。(中略)で、埒があかなくて、日本人だってことは分かるから、結局大使館経由で人が来た」

 結局、この作品ではまともなセックスは写されていない。欧米のポルノビデオのように、アダルトビデオを自慰行為のための道具と捉えるのであれば、こういった作品は単なるゴミでしかないだろう。しかし、この作品はそうは受け止められなかった。

 そして、AVという表現の可能性を押し開こうとするこのクリエイターたちの姿勢は今にいたるまで続いている。この流れが、AV作品が劇場用映画に編集され、スマッシュヒットを飛ばすにいたった、カンパニー松尾監督の『劇場版 テレクラキャノンボール2013』まで受け継がれているのは言うまでもない。

 ただ、本書で藤木TDC氏は触れていないが、AV業界にはこうしたある種の規格外れの作品を生み出すエネルギーが徐々に減退しているのも、否定しようのない事実だ。

 昨今いたるところで報道されているように、いま、日本国内のAV市場は壊滅的な危機にある。現在、1ヵ月の間にリリースされるAVは2000タイトルとも言われている。1タイトルあたりの売行きは300本〜400本が平均値。1000本いけばヒットというような状況だ。予算はどんどん削られ、最近は新たな発明をする余裕もないまま、自転車操業で粗製乱造に陥っている傾向が出てきている。

 前述してきた海外での「ジャポルノ」人気も副産物のようなもので、日本のAV産業を支えるような規模にはなっていない。

 AVというジャンルが生き残るためには、日本の他の産業と同様、冗談ではなく、本格的に「クールジャパン」として世界市場に活路を見出す必要があるのかもしれない。
(田中 教)