30名の旅人が厳選した世界の品々

写真拡大

大阪市西区のイベントスペース「SAA」で2015年1月23日から28日まで、世界のお土産を展示販売する「SOUVENIR PROJECT STORE」が開催すされる。

旅人独自の視点を通じて楽しむ異国体験をチャリティー活動に繋げたいと始まったプロジェクト。フォトグラファーやスタイリストなど30人がセレクトした世界の「SOUVENIR(お土産/記念品)」とともに、旅の思い出を綴ったメモリーシートや写真などを展示・販売する。

23日と24日の2日間は、大阪の雑貨店「チャルカ」の雑貨や切手のほか、ドイツで修行を積んだ店主が営む「キルシュブリューテ」のサンドイッチ、ポーランドで人気の揚げドーナツ「ポンチキ」なども販売する。

売り上げの一部はネパール大地震・復興支援活動へ寄付される予定で、旅人達のパーソナルな体験から異国の文化を楽しむことのできるチャリティー型イベントだ。

時間は正午から午後7時まで、入場無料。