16日に漫画家・許斐剛(このみ・たけし)氏がファンに向けて行った"サプライズ"が話題を呼んでいる。

同日、許斐氏は初のワンマンライブ「許斐 剛☆サプライズLIVE 〜一人テニプリフェスタ〜」を開催した。許斐氏の作品「テニスの王子様」はテレビアニメ化やミュージカル化など、多彩なメディアミックス展開を見せており、許斐氏自身も、同作の実写映画に出演したり、ミュージカルの千秋楽で公演後に壇上に登場したりするなど、積極的に露出している。

今回は許斐氏を主軸とした公演となる。会場となる豊洲PITでは関連グッズの物販も実施しており、どうやら許斐氏は寒いなか列を作るファンに向け、サイン入りのカイロを配ったようだ。
許斐氏は、山積みになったカイロの隣でサインを続ける自身の画像とともに、早朝から詰めかけたファンに「本当に感謝です」と述べ、「あったまってね♪」とコメントしている。

この心遣いに、カイロを受け取ったファンも大喜びだったようだ。
さらに、今回の公演ではマネジメント面においても評価する声があった。

あるTwitterユーザーによると、物販を目当てに並ぶ「徹夜組」に解散するよう呼びかけたり、あらかじめオーダーシートに記入しPOSレジで会計する仕組みで円滑に列をまわしたりなど、様々な工夫が見られるようだ。
【関連記事】
「GTO」作者・藤沢とおる氏の自宅公開 都内一等地にある数億円の大豪邸
漫画家・牛乳のみお氏が母校から掌返し 学生時代に言われた言葉で仕返し
「埼玉をディスる漫画」中断の理由を作者の魔夜峰央氏が明かす