小柄なママでも安心の低床設計!

写真拡大

ブリヂストンサイクルは、低床設計を実現した、小柄なママでも安心の3人乗り(幼児2人同乗)対応子乗せ自転車「Angelino(アンジェリーノ)シリーズ」の2016年モデルを、2016年1月下旬に発売する。

20インチ小径タイヤ採用の「アンジェリーノ プティット」と、26インチタイヤ採用の「アンジェリーノ」から、電動アシスト自転車と自転車モデルの全4車種を用意した。

「アンジェリーノ」は「幼児2人同乗用自転車安全基準」認定で、フロントに専用チャイルドシートを装着した、ヤングミセスのための「Child Care Bike」、子育て応援自転車。安全性を高度に追求した子乗せ自転車専用設計が特徴で、駐輪時の転倒を防止するためのハンドルロック機能やワイドスタンド、走行時のふらつきを低減するハンドル設計、身長に応じて調整可能なヘッドガード・フットレストを採用のチャイルドシートなど、子どもの安全と乗車時の快適性を追求している。

2016年モデルは、安全性・快適性をさらに追求。サドル(テリーサドル)の厚みを見直すことで、15年モデルより3人乗りのときの適正身長を4センチメートル低くした、低床設計を実現。身長150センチメートルから両足が地面につくので、小柄なママも安心して乗れる。また、サドル素材のウレタン量も見直したことで柔らかさがアップ。快適な乗り心地を実現した。

電動アシストモデルでは、軽量ドライブユニットの採用と車速センサーの小型化によって、15年モデルより車体重量が700グラム軽量化した。

希望小売価格は、「アンジェリーノ」の自転車モデルが7万2800円、電動アシストモデル(C200)は13万1800円。「アンジェリーノ プティット」の自転車モデルは7万2800円、電動アシストモデル(C200)は13万1800円、「電動アシストモデル(C300)が13万8800円(いずれも、税別)。