「ハリポタ」スネイプ先生役の名優逝く、ラドクリフとエマが追悼。

写真拡大

「ハリー・ポッター」シリーズのスネイプ先生役で知られるアラン・リックマンが、69歳で帰らぬ人となった。アランが1月14日(木)、密かながんの闘病生活の末にロンドンで亡くなった事をアランの親族が発表した。親族の声明文には「俳優であり映画監督のアラン・リックマンはがんにより、家族や友人に見守られながら69歳でこの世を去りました」と綴られている。

アランは50年以上にも渡る俳優活動歴の中で「ロビン・フッド」「ラブ・アクチュアリー」「ダイ・ハード』など数々のヒット作に出演した。

「ハリー・ポッター」シリーズの共演者であったダニエル・ラドクリフやエマ・ワトソンはアランの訃報に対してコメントを発表し、ダニエルは「アラン・リックマンは僕が今まで仕事をさせていただいた俳優の中で最も素晴らしい人の1人です。そして映画業界の中で最も忠実で協力的な俳優の1人でもありました」「『ハリー・ポッター』の撮影現場でもアランは僕の事を子どもとしてではなく、仲間の1人として接してくれた初めての大人の人でした。成長過程の中で彼と一緒に仕事を出来たことは信じられないほど大切な思い出で、彼が僕に教えてくれた事をこれからの人生、そしてキャリアの中で生かしていきたいと思っています。映画の撮影現場、そして演劇の舞台においてアランのような素晴らしい俳優と人物を失ったことはとても悲しいことです」と語っている。

また、エマは「アランが亡くなったというニュースを聞いてとても悲しいです。彼のような特別な俳優と一緒に仕事が出来たことをとても幸運に思います。彼と交わした会話が恋しくなることでしょう。アラン、安らかに眠ってください。私たちはいつまでもあなたの事が大好きです」と追悼のメッセージを送った。

アランは昨年、50年間交際していた恋人リマ・ホートンと結婚したばかりだった。