話題の豆乳ダイエットは飲み過ぎ注意!

写真拡大

豆乳はダイエットや美容など、様々な効果がある健康食品といわれています。特にダイエットは話題になっており、実際に豆乳ダイエットをしている人もいるのではないでしょうか? でも本当は、ただ飲んでいれば良いというわけではなさそう…。そんな豆乳ダイエットの方法や危険性についてまとめました。

●美容や健康に良さそうな成分が豊富

豆乳はビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、サポニン、イソフラボンといった成分が多く含まれており、継続的に飲むことで沢山の効果が期待できるのです。ビタミン群は美肌効果や血行促進、肩こりなどに効果があるといわれており、サポニンは抗酸化作用による老化防止、イソフラボンは肌にうるおいを与えてくれます。さらに肥満予防や便秘解消、癌予防や高血圧予防、ストレス解消といった効果もあるそうです。

●豆乳ダイエットはいつやるのが効果的?

現在話題になっている豆乳ダイエットも、豆乳の肥満予防や血行促進の効果を期待して行うものですが、特に女性の場合はいつ飲んでも良いというわけではないようです。一般的にダイエットを開始するなら、2種類の女性ホルモン量の多さが入れ替わる月経後がよいといわれています。しかし豆乳ダイエットは、月経後のヤセ期の効果をさらにアップさせるため、月経の1週間前から豆乳を飲むという方法。なぜなら月経前に豆乳の効果で余分な脂肪と水分など、溜め込んでしまう老廃物を減らすことが、月経後のヤセ期を有効に使えるようにしてくれるみたい。具体的には、生理が始まる7〜10日前から、毎日 朝食前に200mlの豆乳を飲むのが良いでしょう。

●ただし、飲み過ぎには注意

健康によくて、ダイエットにも効果があるから…と、大量に豆乳を飲んでしまうのは危険! 豆乳に含まれているイソフラボンは女性ホルモンと似ている性質のため、豆乳を飲みすぎると生理が止まってしまったり、生理不順になってしまったりすることも…。また、カルシウムが不足している状態で豆乳を大量に飲むと、骨が溶けてしまい骨粗しょう症になる危険もあるのだとか。さらに妊娠中の女性の摂取は特に注意が必要で、生まれてくる子どもに大豆アレルギーの影響がある可能性も指摘されています。

痩せるだけでなく、様々な効果が期待できる豆乳ダイエット。でも他のダイエットと同じく、やり過ぎは禁物! 最適なタイミング、最適な量を守って、健康的にダイエットに成功したいですね。

(文・姉崎マリオ/考務店)