菅田将暉「中島裕翔は間違って人間に生まれた天使です」
 NEWSの加藤シゲアキの小説を、行定勲監督が大胆な脚色を加えて映画化した『ピンクとグレー』が公開中。Hey! Say! JUMPの中島裕翔が映画初主演を務めていることも話題を集めています。この話題作で重要な役割を担っている、いま乗りに乗る俳優・菅田将暉さんにインタビューしました! 映画だからこそ可能になった<幕開けから62分後の衝撃>にも注目の作品ですよ。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=437708

=====
あらすじ
人気俳優の白木蓮吾(中島裕翔)が自殺した。第一発見者となった幼馴染みの河田大貴(菅田将暉)は、この事件をきっかけに一躍世間の注目を浴びることになる。蓮吾はなぜ自殺したのか。大貴はかつての思い出を振り返っていく。
=====

◆脚本は行定監督からの愛のムチ

―――映画的な仕掛けがよく練られた作品で、原作から大胆な脚色がされています。最初に脚本を読まれたときは?

菅田:原作については雰囲気をつかむために最初のほうだけ読みました。後半についてはあえて読んでいません。脚本に関しては、すごくおもしろいことを狙っているのはわかるけれど、果たして観客の方にちゃんと伝わるのだろうかと思いました。文字で書くのは簡単だけれど、これを実現させるには役者にかかっているなと。行定監督からの愛のムチだと感じました(笑)。

―――実際に出来上がった作品をご覧になってみていかがでしたか?

菅田:すごくわかりやすくなっていて、最初に抱いた不安はかき消されました。それから万人向けのエンターテイメント部分と、アンダーグラウンドなちょっと濁した部分が共存していて、さすが行定監督だなと思いました。分かる人にだけわかればいいという部分もちゃんとあるんです。

◆菅田将暉と中島裕翔がおっぱいに囲まれる!

―――中島裕翔さんとは初共演ですが、すごく仲良くなられたとか。

菅田:裕翔はかわいくて仕方ないです。僕は裕翔とマイケル・ジャクソンは間違って人間に生まれた天使だと思ってるんです(笑)。邪気がないというか、きっと元々備わっていない。神様が入れ忘れたんだと思います。コミュニケーション能力が素晴らしいし、彼を嫌う人はいないと思います。もうべた褒めです(笑)。

―――菅田さんが注目してほしい中島さんのシーンはありますか?

菅田:弾き語りのシーンです。ちょっと照れもあったようで、撮影のあと、「どうだった?」とも何も聞かないので、そのあと、ずっと僕はそのシーンの裕翔の真似をしてました(笑)。英語の歌詞なんですけど、そこに「book」って単語が出てくるんです。それをめっちゃかっこよく言うんです。そんな簡単な単語を、そんなにかっこよく言う?っていう(笑)。必見です。

―――必見といえば、62分後の衝撃のあとですが、菅田さんと中島さんが裸の女性たちに囲まれる場面が出てきます。

菅田:あれは一生忘れられない光景です。おっぱい越しの、裕翔越しのおっぱい、みたいな(笑)。なかなか貴重な絵ですよ。そこで裕翔が「わー、おっぱいがいっぱいだ〜」みたいなことを言う。あれだけでこの映画に出たかいがあります(笑)。でも実は現場では苦労もあったんです。おっぱいに僕らが触っちゃうとR指定になるということで結構、繊細に撮影してたんです。ブラックライトを使っているんですが、蛍光塗料の濃さもかなりシビアに計算してました。

◆同世代の役者にライバル心を持つのは当たり前

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=437711

―――劇中で大貴と蓮吾はある意味、敗者と勝者のような立場になっていきますが、菅田さん自身は同世代の役者さんにライバル心はありますか?